とりぶみ
実験小説の書評&実践
プロフィール

  • 執筆陣紹介

    大塚晩霜
    原作/草稿担当。

    大塚晩霜
    推敲/編集担当。

    大塚晩霜
    昼寝担当。



過去記事



最新記事



最新コメント



RSSフィード



検索フォーム



リンク



【書評】筒井康隆『朝のガスパール』   (2017/01/25)

文庫本/単行本

 最初に日記みたいなのを書きますが、映画『ベン・ハー』の序曲並みに長くなる予定。書評そのものを読みたい方はすっ飛ばしてください。
 ボクが「だっふんだ」と叫んだら書評がはじまる合図です。着席くださいますようお願い申しあげます。
[続きを読む]

【書評】木原善彦『実験する小説たち 物語るとは別の仕方で』   (2017/01/19)
2017年1月20日 追記



実験する小説たち: 物語るとは別の仕方で 木原 善彦




 前回ご紹介した、実験小説・前衛文学の愛好家の必読書『実験する小説たち 物語るとは別の仕方で』が、「(仮)」が取れてついに発売されましたよ。

 「ついに発売」といったのは他でもない。本来ならば去年の暮れに発売されるはずだったからです。

「このブログ、本当に情報が不正確だよな。ぜんぜん発売されやしない。おかげさまで、クリスマスから今日までずっと、雨の日も雪の日も本屋さんにかようハメになった。どうしてくれる!」

 ぼ、ぼくのせいじゃありません! いろいろあったのでしょう……。お察しください。
 その代わり、価格が当初の「2500円+税」から「2200円+税」に下がりましたよ。お詫び値下げなのでしょうか。2500円でも安いくらいの内容なのに……。水声社だったら逆に2800円になっていたところです。

 それでは。アマゾンからの「配送おくれてすんません」メールと共にさっき届いた、できたてホヤホヤの新刊。完読してないのに取り急ぎレビューしますよ。
[続きを読む]

実験小説・前衛文学の愛好家、必読!『実験する小説たち(仮): 物語るとは別の仕方で』   (2016/10/26)
twitterにて
「あけましておめでとうございます!
今年の抱負は、ブログを更新しないこと!
来年更新します。
良いお年を。」
とつぶやいてしまった手前、更新したくても更新しないで頑張ってきたのですが、その禁をついに破ります。
別に「抱負」は「義務」ではなく、「できればいいなぁ」「目標に向けて、がんばりたいなあ(がんばる、ではない)」「今年は毎日ワンダーコアがんばって10キロダイエットするわよ!」くらいの夢物語なので、笑って許していただければと思います。
[続きを読む]

ブログ「実験小説あれこれ」   (2016/10/13)
 現在11月13日です。
 前回(10月26日)の記事、実験小説・前衛文学の愛好家、必読!『実験する小説たち(仮): 物語るとは別の仕方で』を、発売日までブログのトップに置いておきたいので、日付を1カ月前に操作して更新します。
[続きを読む]

The Late Great Johnny L.   (2015/12/15)
 ボブ・ディランは一緒にマリファナを吸った。

 キース・ムーンは一緒に酒を呑んだ。

 エルヴィス・プレスリーはグレイスランドでコケにされた。

 フランク・ザッパはギターで参加した。

 ダリが落書きの個展にわざわざ出向いた。

 フィル・スペクターがレコーディングに招聘された。

 桑田佳祐は『勝手にシンドバッド』を褒められた。

 ハリー・ニルソンの『ユー・キャント・ドゥー・ザット』は1日ぶっ続けで聴かれた。

 加山雄三は背後から眼を覆われた。

 スチュアート・サトクリフは頭部に蹴りを食らった。

 身体障害者は馬鹿にされた。

 ブライアン・ジョーンズはスピーカー付きのロールスロイスで「ブライアン、おまえを逮捕する」と言われ慌てふためいた。

 ノーマン‘ハリケーン’スミスが歌手としてデビューをし、全米ナンバーワンヒットを獲得したとき、一番最初に祝電が届けられた。

 キリスト教徒が弾劾した。

 メガネはアイドル時代、公の場では掛けてもらえなかった。

 気に入られていなかった声は、あらゆる手段によってその声質を変えられた。

 MBE勲章は返還された。

 バルセロナがカーニバル・オブ・ライトというイベントに提供したアヴァンギャルドな楽曲の中で連呼された。

 ラジオから流れる『リア王』の朗読劇が取り入れられた。

 「おがくずの匂いがするような音」にしようと思ったが結局遊園地のメリーゴーランドのような音になった。

 ハシゴが踏まれ、YESの文字が虫眼鏡で覗かれた。

 ヌード写真を使用したアルバムジャケットは茶色い紙に包まれて店頭に並んだ。

 邪推をした報道陣が新婚夫婦のベッドインに殺到した。

 各国の首脳はドングリを送られた。

 FBIが監視した。

 バミューダ諸島で嵐が遭遇した。

 マーク・チャップマンが拳銃から5発の銃弾を発射した。

 命日(12月8日)に更新できなくてAisumasen (I'm Sorry)


BNSラジオ アウトテイクス   (2015/11/20)
 6年前に書いた大作『BNSラジオ』のボツ文章を発掘してテキトーにつなぎ合わせた。原稿用紙換算80枚。
[続きを読む]

【小説】パワーズ・オブ・テン   (2015/10/30)

 ……この光景を1メートルの正方形で囲み、10秒ごとに10倍ずつ離れて見ていくと視界は10倍ずつ広がっていくことになる。
 10メートル四方の広さ。10秒後に正方形はこの10倍になる。(略)
 100メートル四方。人間が10秒で走る距離。ハイウェイの車や停車中のボート、カラフルな競技場が見える。
 1キロメートル四方。レーシングカーが10秒で走る距離。湖畔の大都市が現れる。
 10の4乗、1万メートル四方。超音速ジェット機が10秒で飛べる距離。ミシガン湖の一端、そして湖の全景。
 10の5乗、人工衛星が10秒で横切る距離。長い紐状の雲が見える。
 10の6乗、100万メートル四方。1の後にゼロが6つ。
 ほんの1分ほどで我々は地球全体を見るまでになった。
──チャールズ&レイ・イームズの映像作品『パワーズ・オブ・テン』より。
[続きを読む]

【小説】砂漠にも雨は降る   (2015/10/22)
 原稿用紙ジャスト100枚。

 最高傑作と自負する小説であり、俺にはもうこれ以上の作品は書けない。

 ただし、通読にはある程度の読書力が必要であり、特に酒の席が舞台の第2章は南米文学を読みなれていないとキツいかも知れない。飛ばしてください。
[続きを読む]

【雑記】タバコの百害   (2015/09/21)

[続きを読む]

【著作権フリー】ペレキアンの父を持つ中高生のための読書感想文サンプル【コピペOK】   (2015/08/14)
 前回の続きです。
 なんか書いてるうちに夢中になってしまい、あんまり中高生らしくない内容・文体となってしまいました。使用する際はくれぐれもご注意ください。先生から「おい田中!おまえの感想文ユニークだな!おまえ、仏文科めざせ!コマンタレブー!!」なんて言われても責任は一切取れません。まあ、前回の小学生用サンプルだってまともに使用できるシロモノではありませんでしたがね。もしかしたら中高生ではなく、文学部の学生なんかは重宝するかも知れない。この感想文をジャンジャン写して、浮いた時間でジャブジャブ呑めばいい。
 学生・生徒諸君。夏休みも余命わずか。あなたがたのために私は、祈っています。核兵器廃絶よりも、読書感想文の廃絶を。
[続きを読む]


«  | ホーム |  »