とりぶみ
実験小説の書評&実践
プロフィール

  • 執筆陣紹介

    大塚晩霜
    原作/草稿担当。

    大塚晩霜
    推敲/編集担当。

    大塚晩霜
    昼寝担当。



過去記事



最新記事



最新コメント



RSSフィード



検索フォーム



リンク



【小説】パワーズ・オブ・テン   (2015/10/30)

 ……この光景を1メートルの正方形で囲み、10秒ごとに10倍ずつ離れて見ていくと視界は10倍ずつ広がっていくことになる。
 10メートル四方の広さ。10秒後に正方形はこの10倍になる。(略)
 100メートル四方。人間が10秒で走る距離。ハイウェイの車や停車中のボート、カラフルな競技場が見える。
 1キロメートル四方。レーシングカーが10秒で走る距離。湖畔の大都市が現れる。
 10の4乗、1万メートル四方。超音速ジェット機が10秒で飛べる距離。ミシガン湖の一端、そして湖の全景。
 10の5乗、人工衛星が10秒で横切る距離。長い紐状の雲が見える。
 10の6乗、100万メートル四方。1の後にゼロが6つ。
 ほんの1分ほどで我々は地球全体を見るまでになった。
──チャールズ&レイ・イームズの映像作品『パワーズ・オブ・テン』より。
[続きを読む]

【小説】砂漠にも雨は降る   (2015/10/22)
 原稿用紙ジャスト100枚。

 最高傑作と自負する小説であり、俺にはもうこれ以上の作品は書けない。

 ただし、通読にはある程度の読書力が必要であり、特に酒の席が舞台の第2章は南米文学を読みなれていないとキツいかも知れない。飛ばしてください。
[続きを読む]

【雑記】タバコの百害   (2015/09/21)

[続きを読む]

【著作権フリー】ペレキアンの父を持つ中高生のための読書感想文サンプル【コピペOK】   (2015/08/14)
 前回の続きです。
 なんか書いてるうちに夢中になってしまい、あんまり中高生らしくない内容・文体となってしまいました。使用する際はくれぐれもご注意ください。先生から「おい田中!おまえの感想文ユニークだな!おまえ、仏文科めざせ!コマンタレブー!!」なんて言われても責任は一切取れません。まあ、前回の小学生用サンプルだってまともに使用できるシロモノではありませんでしたがね。もしかしたら中高生ではなく、文学部の学生なんかは重宝するかも知れない。この感想文をジャンジャン写して、浮いた時間でジャブジャブ呑めばいい。
 学生・生徒諸君。夏休みも余命わずか。あなたがたのために私は、祈っています。核兵器廃絶よりも、読書感想文の廃絶を。
[続きを読む]

【著作権フリー】小学生のための読書感想文サンプル【コピペOK】   (2015/08/12)
 毎年この時期になると、当ブログの記事先生にほめられる良い読書感想文の書き方&例文は使用盗用コピペ自由ですが結構なアクセスを集めます。
 あれは完全に学生生徒さん向けのトラップであり、飛んで火にいる夏の虫、誠に恐悦至極な次第でありますが、内心は「今年もいっぱい釣れてるなあ」とほくそ笑んでおります。
 しかし、そんな私も今や3児の父。愛すべき息子たちがあの記事に引っかかったら胸が痛みます。ですから、彼らが将来悲しい思いをしないよう、ちゃんと真面目な読書感想文を用意しようと思い至りました。
 さあ子どもたち、向後12年間はこれで安心だ。思う存分夏を満喫するが良い。
 ──そして他の生徒さん学生さんも、ここから安心してコピペするといいですよ。浮いた時間でパズドラしたりツムツムしたりポケモンしたりデジモンしたりモンハンしたりモンストしたりハンストしたり鼻毛を抜いたりセックスしたりしてください。読書感想文なんかに構ってる暇があったら食う寝る遊ぶした方が人生有益です。
(なお、サンプルの文章は全て20×20の400字詰め原稿用紙を想定しています。)
[続きを読む]

【小説】目次   (2015/07/29)
 いよいよストックも少なくなってきており、こんな粗品での更新をお詫び申し上げます。
[続きを読む]

【小説】人工太陽と月   (2015/06/15)
意欲作だったが出来上がってみたら完全に失敗作
読む価値なし
原稿用紙314枚
[続きを読む]

【小説】吾輩はガラケーである   (2015/05/24)
 さっぱり書評をせず、すみません。新作小説も書いていません。
 なんつうかこう、小説と関わっていない方が運気の流れが良くてですね……。
 率直に言えば断筆したことによって気分が明るくなり、早寝早起きをするようになり、虚弱だった体が健康になり、お肌もツヤツヤ髪もフサフサ、二重アゴは治って二重まぶたになり、ウエストは-30cm、友達もたくさん増えてレクリエーション三昧、Fカップのパツキン美女に告白されて交際スタート、英語の成績もアップ!身長も5cm伸びた!会社の会議ではなぜか新規プロジェクトのリーダーに抜擢され、飲み屋で部長から激励されたその帰り道に拾った分厚い財布、中をあらためたらなんと70万円入っていた!しかしネコババはせず交番に届けたところその財布の持ち主は得意先の社長!おかげでプロジェクトはトントン拍子で大成功、同期の中の出世頭となり、なんとなく記念に買った宝くじが500万円の大当たり、それを元手にテキトーに買った株が急騰!こりゃたまりませんわ豪遊ですわと出かけた場末のキャバクラで彼女の他にセフレもゲット、ウハウハの毎日、それもこれも小説を書かなくなったおかげ!これは全て真実です!あなたも小説を書かなくなってみませんか?お申し込みはこちらから。今なら無料パンフレット進呈中!
 そういうわけで、すみません。新作はご用意できませんでした。
(映像:留置所の隅で膝をかかえ、ぶつぶつ言ってる大塚晩霜)
[続きを読む]

【小説】電卓による官能小説   (2015/03/26)
0105+067 …①
=172-106 …②
=66+14=80 …③
-26=54+54=108 …④
-39=69 …⑤
-41=28+28 …⑥
=56+10=66 …⑦
+11-11+14 …⑧
+14-19-19 …⑨
=56-30=26 …⑩
+55=81-81 …⑪
[続きを読む]

【書評】筒井康隆『虚航船団』   (2015/02/28)
虚航船団 (新潮文庫)虚航船団 (新潮文庫)
(1992/08/28)
筒井 康隆

商品詳細を見る

 前々回は筒井康隆『残像に口紅を』を取り上げました。その第1章で、評論家・津田が、主人公の作家・佐治にこう語ります。
「さて、その一方で君は『超虚構』についての考えもどんどん実践しはじめていた。この前の長篇だ。ぼくは書評で褒めたけど、ずいぶん酷評もされたみたいだね。何しろ人間がひとりも登場しないで、けものだの日用雑貨だのが動きまわり喋りまくるという話だ。なるほどそういうことは現実には絶対に起こり得ないんだから超虚構には違いない。ただ、そういうものに絶対感情移入できない読者や批評家もいる。酷評に苛立った君は、現代人なら言語や記号にさえ感情移入できるようでなければならないと反論した。」
 作家・佐治勝夫のモデルは筒井康隆本人です。この、【この前の長篇】こそが、取りも直さず今回書評する『虚航船団』です。ここまでほぼ前回のコピペです。前回の書評は2014年11月30日。たいへん長らくお待たせしました。
[続きを読む]


«  | ホーム |  »