とりぶみ
実験小説の書評&実践
【書評】ギルバート・アデア『閉じた本』   (2017/05/25)

「だーれだ☆」
「いやオマエだろ」
「うふふ、よくわかったね♪」
「モロにオマエの声だし。そもそもこの部屋にはオレとオマエしかいないし。ほかの誰かだったら逆にコワイわ」
「さすが大塚くん、名探偵コナンもまっつぁおの推理力だね。『犯人はおまえだ!』」
「いやオマエだよ。オマエが犯人だよ」
「あいたー、そこまでわかってましたかぁ。そうでつ、あたしが目隠しをした犯人でつ」
「バカなんじゃないの」
「その塩対応。そこにシビれる! あこがれるゥ!」
「もういいだろ。もう取ってよ、この目隠し」
「ダメです。大塚くんは目隠ししたまま、ある本についてあたしと語ってもらいます」
「じゃあ誰が文章を書くんだよ、オマエか? 速記はおろかブラインドタッチも出来ないくせに」
「実は今、テープレコーダーを回してます。で、あとで録音を聴き返して、大塚くんかあたしがパソコンに入力するの」
「きみ、文字起こしって、したことあんの?」
「ないです」
「アレ超めんどくさいぜ。何度も何度もテープを巻き戻したりしてさ」
「がんばって☆」
「結局オレだのみじゃん。ヤダよ」
「そういや5月23日はキスの日だったらしいけど、誰かとキスした?」
「いや……。強いて言うなら、ウイスキーをチビリチビリやりながらしたかな」
「え! したの!? 誰と!?」
「コップとね」
「……」
「オマエは?」
「私もカレーライスとしたよ」
「(乾いた笑い)」
「じゃあ、パソコン入力してくれたらあたしがキスしてあげよっか」
「え」
「なに本気で照れてんの」
「マジで?」
「ちょっと。冗談だよ」
「約束だからな」
「なにこの超展開」
「オマエから提案したんだろうが。ハイ決まり。約束だからな」
「えー!!」
「で、何を語り合うって?」
「キスの話ゴメン。あれ冗談だから」
「(無視して)何?」
「冗談だからねっ!」
「はははは」
「もうっ。取り上げるのは、『閉じた本』です」
「閉じた本? どゆこと。オレは目隠しされてるわ本は閉じてるわで、だれも読めないじゃん。このブログ、『Fが通過します』とか『任意の点P』とか、特殊な造形の本も書評してきたけど、いよいよ点字図書に進出するのか」
「ちがうよ。大塚くんが『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を書評したとき、ちょっと触れてたじゃん」
「あー、そっちか。ギルバート・アデアの『閉じた本』か」
「そうそれ」
「だから今回こういうスタイルなわけね。ちゃんと読んだんだね」
「読んでなきゃ語り合えないでしょ」
「文字、読めたんだね」
「もー! そうやってすぐ人のことバカにするー!」
「でもアレ書評するのけっこう難しいぜ。ミステリーだから、ネタバレしないようにしなきゃならねえから」
「あとで『実験する小説たち』的な網かけ処理をすればいいんじゃない?」
「なるほど。パソコンだったら反転もあるしな」
「じゃあさっそく始めましょう」
「さっそくって割にはずいぶんページ食っちまったけどな」(入力者註=「原稿用紙4枚。おまえらムダ話が長すぎる。キスのくだりとかいらねえだろ!」)
[続きを読む]

【書評】佐藤雅彦『任意の点P』   (2017/05/17)
PointP.jpg

 佐藤雅彦さんの本を取りあげるのは『Fが通過します』以来です。
 まあ実際には「慶応義塾大学 佐藤雅彦研究室」によるグループワークであり、佐藤先生は1作も作っちゃいないんですけどね!(企画・構成と前書きのみ)
[続きを読む]

【小説】レターライターラプソディー   (2017/05/16)
まえがき

 ジョルジュ・ペレックという作家は『La Disparition(煙滅)』というリポグラム小説で有名です(またその話かよ)。この小説はフランス語における最頻出アルファベット「E」の文字を一度も使わずに書かれた長編小説です。

 僕はこれに触発されまして、日本語の「ア段」と「イ段」を使わずに夏目漱石『夢十夜』の第二夜を再現する試みをしました。
 それがこちら→ 熱目漱雪ねつめそうせつ夢十夜ゆめじゅうよる』の変奏

 で、ペレックは、単母音の『Les Revenentes(戻ってきた女たち)』という短編小説も書いてます。『La Disparition』とは正反対に、母音を「E」しか使わない小説です。日本語訳は……さすがに今度こそ無理でしょうね。英訳はあるみたいですが。

 僕も『Les Revenentes』みたいな小説を書きたいなあ。でも本気で取り組んだら僕の知能指数では頭が爆発してしまうかも知れないなあ。
 頭が爆発すると部屋が汚れたり爆弾魔としてマークされたり近所の人から「うるさい」と苦情をお寄せいただいたりするかも知れないので結構困る。
 で、若かりし頃の僕が書いた短編ミステリーがちょっとそれっぽい。今回はこれを発掘しまして、頭が爆発しないよう代替品として公開するものであります。2000年1月の作品。
[続きを読む]

マグロ漁師の憂鬱   (2017/05/14)
 2週間ほど前、元同僚と街でばったり遭った。5分後には乾杯していた。
 彼は2年ほど前に転職し、配属先が決まった瞬間から「やめたい」を呼吸しながら、それでも仕事を続けていた。
 彼の興味深い話を忘れてしまうともったいないので、備忘としてその内容を簡便に記録しておく。
 謂れのない批判コメントが来ると億劫なので「これは小説です。僕の妄想です」ということにしておく。

(なお、タイトルは「マグロ漁師」ですがこれは比喩であり、実際には飛び込み自殺が頻発する駅の駅員です。)
[続きを読む]

【書評】ジョルジュ・ペレック全作品   (2017/05/11)
(場面) ワタクシであるところの大塚晩霜と、およそ10年前からタイムスリップしてきた大塚晩霜が、警察の拘置所でうなだれて座っている。

 【大塚】 で……。何が知りたいんだ、10年前のオレよ……。
 【おおつか】 はえ。ジョルジュ・ペレックってゆう、フランスのさっかのひとのことが、しりたいんでつ。
 【大塚】 演技ヘタすぎだろ。10年前のオレ、そんな口調じゃないわ。
 【おおつか】 あなたのちのうていどにあわせたら、こんなかんじかな、って。
 【大塚】 くされファック。まあいい、ペレックの何が知りたいんだよ?
 【おおつか】 いろいろ、ほんがでてるみたいだけど、なにからよんだらいいのかな、って。
 【大塚】 なるほど。1作1作ぜんぜん違う作風だもんな。いきなり初心者向けじゃない地雷ふんだらマズイよな。
 【おおつか】 はえ。そおゆうわけです。
 【大塚】 じゃあ、2017年現在、日本語に翻訳されている作品をざっと解説してあげよう。
 【おおつか】 ぼく、2007ねんからきた、こどもなんでつが。
 【大塚】 あっそ。全部読みたきゃ10年待て。
 【おおつか】 So I wanna read all of his work ASAP, MOFO.
 【大塚】 急にキャラ設定無視すんな。
 【おおつか】 Yo, pal. What's up? Gimme fuckin' guide 2 Georges Perec 4 fuckin' young readerz.
 【大塚】 うっせえ!
[続きを読む]

基礎ビートルズ講座   (2017/04/29)
 今月、更新してないな。
 『99人の最終電車』がらみで『街 ~運命の交差点~』を書評しようと思ったけど、内容をほぼ失念したので書く気が起きないな。
 というわけで、2002年に書いたビートルズ講座を転載しておきます。もう15年前か。あのころまだ6歳だったんだな。
[続きを読む]

【小説】殺さんでするロサンゼルス観光   (2017/03/18)
原稿用紙換算175枚。
未完。再開予定ナシ。
[続きを読む]

【小説】たぶんコッペパンだと思う   (2017/03/16)
失・敗・作。
書き直す気も起きないのでヤケクソで公開。
[続きを読む]

【書評】井上夢人『99人の最終電車』   (2017/03/06)
 前回のジョナサン・サフラン・フォア『ものすごうるくて、ありえなほど近い』(以下『くさい』)から、子どもの口調つながりでスティーヴン・ミルハウザー『エドウィン・マルハウス―あるアメリカ作家の生と死』(以下『江戸丸』)を取りあげようと思っていました。
 ただ、『江戸丸』を読んだのは10年近く前。非常に思い入れの強い作品なので、ちゃんと再読してから書評せねばならんなと。しかし読む気が起きんなと。
 ですので、しばらく別の本を書評します。実験小説以外の本も、気楽な気持ちでね。
 『江戸丸』は東京オリンピックまでには書評したいです。いつ開催するかわからないが、第3回の。
[続きを読む]

【小説】101号室   (2017/03/02)
 僕はホラー映画が大嫌い! 怖いから? 怖くないから!

 三寒四温の候、皆様におかれましてはやや体調不良のことと存じます。
 寒さの揺り戻しが厳しいこの季節、鼻水が出たり痰が絡んだりしてイヤですよね。あったか~いだったり、つめた~いだったり、どっちかにしろ!
 そんなわけで今回の短編小説は、納涼! 本当にあったこわ~い話をお送りします。
[続きを読む]


«  | ホーム |  »