とりぶみ
実験小説の書評&実践
プロフィール

  • 執筆陣紹介

    大塚晩霜
    原作/草稿担当。

    大塚晩霜
    推敲/編集担当。

    大塚晩霜
    昼寝担当。



過去記事



最新記事



最新コメント



RSSフィード



検索フォーム



リンク



【小説】殺さんでするロサンゼルス観光①   (2017/03/18)
連載第1回
 イントロダクション
 車を手に入れる
 はじめての仕事

(※ この連載は予告なく中止する場合がございます。16回分まで書きたまってますが)
[続きを読む]

【小説】たぶんコッペパンだと思う   (2017/03/16)
失・敗・作。
書き直す気も起きないのでヤケクソで公開。
[続きを読む]

【書評】井上夢人『99人の最終電車』   (2017/03/06)
 前回のジョナサン・サフラン・フォア『ものすごうるくて、ありえなほど近い』(以下『くさい』)から、子どもの口調つながりでスティーヴン・ミルハウザー『エドウィン・マルハウス―あるアメリカ作家の生と死』(以下『江戸丸』)を取りあげようと思っていました。
 ただ、『江戸丸』を読んだのは10年近く前。非常に思い入れの強い作品なので、ちゃんと再読してから書評せねばならんなと。しかし読む気が起きんなと。
 ですので、しばらく別の本を書評します。実験小説以外の本も、気楽な気持ちでね。
 『江戸丸』は東京オリンピックまでには書評したいです。いつ開催するかわからないが、第3回の。
[続きを読む]

【小説】101号室   (2017/03/02)
 僕はホラー映画が大嫌い! 怖いから? 怖くないから!

 三寒四温の候、皆様におかれましてはやや体調不良のことと存じます。
 寒さの揺り戻しが厳しいこの季節、鼻水が出たり痰が絡んだりしてイヤですよね。あったか~いだったり、つめた~いだったり、どっちかにしろ!
 そんなわけで今回の短編小説は、納涼! 本当にあったこわ~い話をお送りします。
[続きを読む]

【書評】ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』   (2017/02/28)
loudNclose.jpg




 【大塚】 前回の南米文学10連発!の10発目は 『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』(以下『オスワオ』。2007年)でした。主人公の名前は「オスカー」でした。
 【晩霜】 いちいち言う必要あるか? 『オスワオ』の主人公が「オスカー」って。タニシでもわかるよ。
 【大塚】 今回とりあげるのは、『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(以下『ものすご』。2005年)です。
 【晩霜】 『ものすご!』って書くと、なんだかラノベのタイトルみたいだね。
 【大塚】 『ものすご』も、主人公の名前が「オスカー」です。オスカーつながりで取りあげました。
 【晩霜】 こじつけじゃん。オスカーつながりだったら、『ブリキの太鼓』(以下『ブリ焼き』)でもいいだろ。おまえのような遅読野郎は、どうせ読んでないだろうけど(ドヤ顔)
 【大塚】 じつは主人公の名前以外にも共通点があります。いずれの作品も、主人公の祖父母に関する物語が包含され、親子3代にわたる物語となっています。
 【晩霜】 へー。そういう逃げを打ってきやがったか。
 【大塚】 ところで、『ブリ焼き』の主人公は「オスカル」では?
 【晩霜】 ……(赤面)
 【大塚】 不思議な符号ですよね。なにもディアスとフォアが「よーし!おたがい次作はオスカーって名前の主人公で、3世代にわたる物語にしようぜ!」「ガッテン、承知!!」飲み屋で意気投合したわけではなく、偶然の一致ですから。同時代性を感じさせます。
 【晩霜】 ふん。じゃあ、今回は『オスワオ』と『ものすご』の共通点を比較していくわけね。
 【大塚】 しません。
 【晩霜】 え。
 【大塚】 比較しません。
 【晩霜】 しないの……? じゃあ、なにするの。
[続きを読む]

【書評】南米文学10連発!⑧~⑩   (2017/02/27)
①~③はこちら→ 【書評】南米文学10連発!①~③

④~⑦はこちら→ 【書評】南米文学10連発!④~⑦

[続きを読む]

【書評】南米文学10連発!④~⑦   (2017/02/25)
①~③はこちら→ 【書評】南米文学10連発!①~③

⑧~⑩はこちら→ 【書評】南米文学10連発!⑧~⑩
[続きを読む]

【書評】南米文学10連発!①~③   (2017/02/18)
 南米文学を一挙10作品とりあげます。
 わかってるとは思いますが、『南米文学10連発!』という本があるわけではありません。念のため。

 ──書いてるうちに記事がどんどん肥大化したので、一挙10作品のつもりでしたが、やっぱり3回に分けます。

④~⑦はこちら→ 【書評】南米文学10連発!④~⑦

⑧~⑩はこちら→ 【書評】南米文学10連発!⑧~⑩
[続きを読む]

【小説】そうだ、サシミにして喰っちまうか   (2017/02/12)
 場所
居酒屋、および土屋邸


 人物
土屋 土建業
日犀 自称プロサーファー
月座 よっぱらい(検定3級)
大塚 実験小説ヒョロン家
氷室 ガス検針員
金鏖 写真家(ヌード専門)
木星 天体 
ハムレット デンマーク王子、先王の息子、現王の甥
リヤ 先王
マクベス 将軍、後に現王
オセロー ヴェニス政府に仕えるムーア人貴族
アントーニオー ヴェニスの商人、燃える闘魂
ロミオ 居酒屋店員
綾香 土屋の内縁の嫁
拓郎 綾香の息子
[続きを読む]

【小説】バルス!   (2017/02/02)
【キャッチコピー】
 2013年8月2日。日本人が「バルス」を叫んでいたとき、世界中の人々は何をつぶやいていたのか?
 世界地図を360分割(経線24×緯線15)し、その瞬間を余すことなく書き出した、コンパクトな『人生 使用法』。



【解説】
 2013年8月2日。この日、金曜ロードショーでアニメ映画『天空の城ラピュタ』が放映された。
 23時21分50秒、主人公が滅びの呪文「バルス」を唱える瞬間、日本国民は一斉に「バルス!」というツイート(つぶやき)をツイッターに投稿した。ツイート数は143,199にも及び、ツイッターのサーバーはダウンした。
 日本では23時21分だったこの瞬間、イギリスでは14時21分であり、キューバでは9時21分であった。オーストラリアでは日本と同様8月2日が終わろうとしていたし、一方アラスカでは8月2日の朝が始まろうとしていた。
 この小説では、ミラー図法の世界地図を360分割し、それぞれの地点(グリッド)でつぶやかれたであろうツイートを360列挙する(どこの国にも属さない公海上では「このツイートはありません」に統一)。
 ツイートを提示する順番は、日本で使われている標準的な世界地図の左上(北緯67.5~75度。東経0~15度)のグリッドから始める。そこを起点として順次右(東)へと移行し、24グリッド(24時間)で1周。
 1周したら、第1グリッドの1コ下(北緯60~67.5度。東経0~15度)のグリッドからまた同じ手順すなわち東進を繰り返す。縦のグリッドは15マス。都合、地球を15周することになる。
 最初は広大な面積のロシアにおけるツイートが連続する。一見すると時間が経過しているように感じるかも知れないが、実は地点が変わっていることに注意を払っていただきたい。時刻は違えど、地球上での時間は「バルス!」のタイミングと同時なのだ。
 日本人が「バルス!」を叫んでいたとき、生まれた者もあれば、死んだ者もある。その瞬間、世界各地では何が起きていたのか。コンパクトにまとまった「世界そのもの」をとくとご覧あれ。



【ぶっちゃけ】
 執筆に取りかかる前にうすうす勘付いていたことだが……。
「1、書くのめちゃめちゃめんどうくさい」
「2、完成しても多分たいして面白くない」
 脱稿してみると、はたして、この予想は当たっていた。
 とにかく書くのが面倒くさかった。等時帯(標準時間帯。タイムゾーン)は厳密に経線で区切られているわけではなく、折れ曲がっている地域があるので、時間を調べるのが億劫だった。また、まったく知識のない国についてウィキペディアで調べるのも骨が折れる作業だった。なにせ単純計算で360マス(実際には300弱)もあるのだ。
 そして、「面白くならないんじゃないか」という不安を抱えながら執筆していたわけだが、完成した作品を読んでみると、恐れていたことが現実となった。あんなに苦労したのにちっとも面白くない。
 実はこの小説、長らく中断していた。「面白くない」と途中で気づき、ほったらかしになっていたのである。未完成のまま放置される運命だろう。そう思っていた。しかし、最近とみに執筆意欲が盛り返して来ていて、むりやり完成させることができた。
 執筆には、初めての試みであったが、エクセルを使用した。でっち上げたツイートを各セルにぶっこんでいったのである。これもやはり、面倒くさかった。
 以下、作者本人による起稿当時のツイートを引用する。過去の俺、やる気十分である。失敗作をこしらえることになるのに、いい気なものだ。
 そのあとは小説本編をお楽しみください。きっと楽しめないと思います。



【2014年7月23日のツイート】
 ・ツイッターを題材にし、『人生 使用法』の手法を用いた小説を着想したけど、難しすぎて困っている。

 ・でもやってみるか。
 手持ちの筆記用具は今やこのツイッターしかないもんな。

 ・これから書こうと思っている小説は“ある瞬間”の“全世界”を捉えたものである。
 ある瞬間、日本は真夏の真昼であってもブラジルでは真冬の真夜中であろう。──その時ツイッター上ではどんなツイートがされているのか?
 世界各国の様子を個別に書いていく。

 ・小説の冒頭は14時21分の英国グリニッジ天文台から始まる。
「グリニッジ子午線なう。俺は今、西と東を股に掛けている!」

 ・第2章は15時21分のポーランド。時刻は1時間進むが実際は第1章と同じ瞬間である。
 同様に第3章は16時21分のベラルーシ、第4章は17時21分のロシア西部の都市リペック…という風に小説の舞台(ツイートされた場所)が東へ東へと進んでいく。
 これを24(経線)×10(緯線)全240章でやろうと思う。

 ・この試みで難しいのは各地の地理を詳しく調べねばならないのと、単純に経線に合わせただけではグリニッジ標準時をいじれないことである(等時帯)

 ・うーん。これを240章並べたら壮観だろうが、史実に気を取られ過ぎて『人生 使用法』的アルゴリズムを溶かし込む余地が(字数制限140字の中には)無い…
 あと「2013年8月2日金曜日にその国では何が起きたのか」調べるのがガラケーじゃつらい。
[続きを読む]


«  | ホーム |  »