とりぶみ
実験小説の書評&実践
プロフィール

  • 執筆陣紹介

    大塚晩霜
    原作/草稿担当。

    大塚晩霜
    推敲/編集担当。

    大塚晩霜
    昼寝担当。



過去記事



最新記事



最新コメント



RSSフィード



検索フォーム



リンク



BNSラジオ 18:00~19:00   (2009/07/01)
Ver.2.02【44枚】
野球中継/亀ちゃんのニュースエンタメ①
(なぜニュース番組の需要があるのか/橋梁談合/IT革命/迷惑メールに返信①/チャーリー・シーフ)

【クイックリンク】
野球中継
亀ちゃんのニュースエンタメ(なぜニュース番組の需要があるのか橋梁談合IT革命迷惑メールに返信①チャーリー・シーフリターン・オブ・チャーリー・シーフ





【実況】こんばんは。あいにくの天候、小雨ぱらつく中、ナイター中継のお時間です。川崎ロッチ対ライブドアフェニックス六十九回戦の模様をお送りします。実況は田台、解説はガムテープ評論家の井出さんです。
【解説】こんばんナムー!よろしくお願いします。ただ今ご紹介にあずかりました井出です。担当はつっこみとギターと炊事。趣味は犬追い物と流鏑馬。特技はレバニラ炒めとアバラ傷め。性格は残忍かつ凶暴、以上です。田台さんも自己紹介どうぞ。
【実況】え。あ、実況の田台です。えーと、担当はボケ・ピアニカ・風呂掃除です。趣味はパッチワーク。特技は山手線の駅六つくらい言えること。性格は冷淡でむっつり、です。こんなもんでどうでしょう。
【解説】突然の無茶振りにも、イチローのレーザービームばりの返答。すばらしい。
【実況】恐縮です。いかんせん守備が下手で話相手の好送球をデコに当てることもしょっちゅう、うまく受け止められずご迷惑をおかけしてる部分も多々あるかと存じます。ただ、捕球したボールを全力でブン投げ返すことだけは心掛けております。ライパチだけど、やたら強肩。絡みづらいので友だちいません。
【解説】友だちいないんですか。一人も?
【実況】いません。野球一筋!ボールが友だち、愛と勇気だけが友だちさ、です。
【解説】「ボールが友だち」と「愛と勇気だけが友だち」を両立させるためにはボールをふたつ用意してそれぞれに「愛」「勇気」と名前をつけるしか方法はありませんよ。
【実況】じゃあ片方のボールに「来生愛」もう一方に「水原勇気」と名前をつけて、それをグローブでくるんで、金属バットの下にたずさえてブラブラさせます。
【解説】シモネタやめて下さい。
【実況】すみません。反省します。──さて、試合自体はさきほど始まりまして、穂村選手が開幕戦新人初打席初球先頭打者アーチを達成しました。
【解説】とにかく興奮しましたね。わたくし、恥ずかしながら、勃起してしまいました。
【実況】シモネタは控えろって言ったばっかじゃねえか!
【解説】じゃあ失禁。
【実況】似たようなもんだよ!バカかおまえは!
【解説】しっかし情けないよ穂村。開幕戦新人初打席初球先頭打者逆転サヨナラ満塁ランニングホームラン位やってほしかったよな。空気読め。
【実況】ムチャ言うな!
【解説】ひとくちにホームランと言っても色々あって、「ホームラン」「ツーランホームラン」「スリーランホームラン」「満塁ホームラン」「ランニングホームラン」「ソロアーチ」「アベック弾」「代打逆転ツーラン」「打者一掃のスリーラン」「グランドスラム」「幻のホームラン(記録はピッチャーゴロ)」「先頭打者本塁打」「二打席連続ホームラン」「三者連続ホームラン」「穂村蘭」「葬らん」「サヨナラホームラン」など、各種取り揃えております。
【実況】山森選手、空振り三振。チェンジです。
【解説】人の話を聞け!
【実況】この番組、野球中継でしょうが。あんたの与太話を聞く番組じゃないよ。
【解説】どうせ雨が強くなって試合は中止だ。中継する価値はない。
【実況】それを言ったらおしまいだろ!
【解説】とにかく、ホームランには色々な種類があるのです。そんな数あるホームランの中でも一番点数が入るのが「二打席連続代打逆転満塁サヨナラランニング先頭打者ホームラン」です。これはホームランのあらゆる要素が詰まった一打でして、百年に及ぶ野球の歴史においてもたった一度しか記録されていません。トランプのポーカーにたとえれば「ロイヤルストレートフラッシュ」と「ファイブカード」の複合技のような物で、麻雀にたとえれば「リーチ一発天和九連宝燈ドラ3裏ドラ3」といった感じ。
【実況】いつの記録ですかそれは。
【解説】野球の歴史をひもとくと「大正力」とかいう言葉を目にすることがありますのでおそらく大正時代でしょう。
【実況】予告通り雨が強くなって参りました。一回の表を終わった所で川崎ロッチが一点のリード。おそらくこのまま中止でしょう。あー今主審の中村さんがノーゲームの合図をしたようですね、選手達はベンチに引き上げます。
【解説】「楽天あれば苦あり」もしくは「落転ゴールデンイーグルス」というオヤジギャグで今回はしめさせていただきます。おのれの首を(キューッ)。
【実況】はいはい、「締める」と「絞める」をかけたのね。はいはいおもしろいね。
【解説】(真っ赤になって)そんなツッコミってあるかよぅ!
【実況】すまん。なんか急におまえのことがキライになって、つい…。


(CM)
 穂村蘭選手をオールスターゲームに出場させよう!バカと天才・狂気と正気は紙一重。「イカレてる」と「イカしてる」は字面的にもそっくりだ。あいつは最高だよみんな!絶対投票しろよな、クソッタレー!BNSラジオの総力を結集した組織票で順位を押し上げるんだ!わかったな!!(総員無視)



 野球中継が台本通り中止となりましたのでここからの時間はボク・亀渕がお相手を務めるニュース番組『亀チャンのニュースエンタメ』がオンエアー。最近の事件やトレンド情報をみなさまにお届けいたします。この時間帯は他局も報道番組を放送しているため、負けられません!
 なぜニュース番組の需要があるのか。簡単にご説明いたします。
 子どものころ、「早く新聞を読めるようになりなさい」とか「サザエさんばっか観てないでニュース番組も観なさい」などのすばらしい教育を受けたものですが、ボクは「どうちて?どうちて?」と訊き返すしか能が無く、ボクの問いに対するオトナたちも「一人前の人間になるため」と答えるしか能がありませんでした。
 ぶっちゃけ、ニュースなんか知らなくても生きていけるわけで。経済の動向を知った所でおなかがふくれるわけでもなく。政治の激変を知ったからって暮らしの水準が上がるわけじゃなし。殺人事件の報道は、自分への狙撃予告じゃありません。
 では、なぜボクたちはニュースを聴くのか。それは、「話題に乗り遅れないため」です。つまる所「昨日のドラゴンボール見た?」の乗りと一緒であります。会社員の「ついにペイオフが解禁になるね」「ようやくだね」という会話は、小学生の「昨日のドラゴンボール、ブルマえろかったべ!」「ヤムチャ情けね~」という会話と同じ構造です。世の中の流れを予測してビジネスチャンスをうかがったり新しい商材を探したりするような経営人はごく少数で、ほとんどの人がたいていはヤジウマ根性でニュースを観たり聴いたりしています。主婦が喜ぶワイドショー。小学生の必修科目ドラゴンボール。頑固オヤジが神妙な面もちで見つめる報道番組。程度の差はあれ、どれも同じ行為です。人間の宿している知的欲求「知りたい。ただし、自分が興味のあることだけ」を満たす、自己充足行為です。
 だから先生がた、お願いします、「先生は最新情報に敏感、アンテナが高い」と言わぬばかりに新聞を読まないで下さい。そのしたり顔がむかつきます。知的階級を自認する方々、お願いします、「子どもに新聞を読ませよう。世界の現状を学ばせるべきだ」と押し付けないで下さい。地域紛争なんて知ったこっちゃありません。ボクたち小学生の興味はもっぱらナメック星に注がれています。職場でうだつの上がらないお父さんがた、お願いします、「亀渕くん知ってるかね、こんなニュースがあってね。……。何、知らない?君はそれでも社会人かね!?」と、自分がたまたま知ってるのを良いことに部下をいびるのはやめて下さい。
 先生、そのニュースを知った所で何か人生の役に立ちましたか。何の役にも立っちゃいないはずです。高学歴のおじさんたち、あなたくらいの小人間が政策をうんぬんした所で世界は何の好転もしません。お父さん、あなたくらいの平社員が金融をうんぬんした所で株価指数には微塵ほどの影響も及ぼしません。
 「早く新聞を読めるようになりなさい」と強いるあなたがた。あなたがたオトナは、自分たちの趣味を子どもに押し付けてきただけです。それは教育でも何でもない、話相手予備軍を育て上げる布教活動に過ぎません。そっとしておいてください。子どもたちもやがてオトナになれば、勝手にニュースを聴くようになりますので。
 この通り、ボクはニュースキャスターとなりました。しかしこれは、興味の対象が「ドラゴンボール」から「社会」に移っただけなのです。別におりこうさんになったわけではありません。
 ただ、四六時中テレビで報道されるような特大ニュースを「そんなの知らない聴いたこともない」とハテナマークを点灯させちゃうようなへっぽこに対しては、その常識の欠如を軽蔑せざるを得ません。アニメ放映を見逃した子は次の日、学校で話の輪に入れず非国民扱いをされます。そういうかわいそうな子と「インド洋大津波?ハ?何それ??」と無知を露呈する人・重大事件や世相の事情にウトい人は同系列です。最新ニュースに疎い人は、毎週毎週『ドラゴンボール』を見逃して仲間はずれにされてたアイツと同類なのです。
 だから!話題に乗り遅れないためにも、会話のタネとしてニュースは聴くべきなのです!一人前の人間になるために、常識として最新情報を身に付けよう。仲間はずれにされたくないでしょ?一旦CM!


(CM)
「おさむい(※ ぼんちおさむ的な)ラジオ、最高だね、ママ!」
「そうでもないわ。オタンコナス」
 BNSラジオ。

(CM)
 アングラな香り漂うBNSラジオにさらにアングラ臭を添える三輪の花。番組のイカレた空気を緩和するためにキャスティングされた、と見せかけてそのエグさに拍車をかけている三本の鼻毛。ライオン・ケムリ・亀渕。三人の可愛くないフィギュア大不評発売中!



 『亀チャンのニュースエンタメ』、まずはこの話題から。建設業者の、橋梁談合!これ、大ブームですね。建設業者がだまそうとしていた相手・道路公団までもが入札価格操作を手伝っていた──つまり、「しょうがないナ~(笑)、だまされてやっか!」と談合の事実を黙認していたというのですから、その腐敗っぷりはハンパじゃない。道路公団といえば俗に「族議員」と暴走族っぽく呼ばれているゾクゾク来ちゃう逆賊政治家が続々所属している汚職の根城。本当に腐っております。怒りを禁じ得ません!
 とか言うと偉い人から目をつけられちゃうかも知れないので「アイツが言ってました。ボクの考えじゃありません」というお約束の逃げを打っておきましょう。自分の発言に責任を持てない典型的な今どきの若者でございます。主張をすぐに曲げるあたり「首尾一貫性の無い男」と罵られそうですが、そこはそこ、好意的に「臨機応変の効くイナセな日本男児」と解釈していただければ是れ幸いでございます。
 どうせボクはバカですし、どんなニュースに対してもいっちょまえの発言をする資格がございません。「そっか。大変だね」「そっか。がんばって」二種類のコメントしか出来ません。
 そんなわけで今回の談合事件についても「そっか。大変だね」何の意見も持っていないのですが、みなさまの思考を助ける判断材料は提供することが出来そうです。以下、昨晩ボクが見聞したことを書いていきますので今回の橋梁談合事件を考える一助としてみて下さい。
 夜も更けていくころ、援助交際相手のパパ(証券会社専務。五十四歳)と隠れ家的なバーに行ってきました。その店はひっそりとした路地にあり、まさしく「知る人ぞ知る」という風なお店。だって看板出してないんだもん。一見さんは、ぜったい入れません。てか気づきません。「え。ここ?まじ?」ってな感じでした。こんなんでよく商売になるなー。よっぽどボッタクってるにちげーねーでげす。
 パパの首に腕を回しながら(絞殺未遂)たずねてみました。
「よくこれでお店やってゆけるね、不思議なのら☆ てかパパはどーやってこのお店知ったにょー?」(この口調は援助交際用の人格です。家族や友人には聴かせられない!!)
 パパはボクの耳にやさしく息を吹きかけながら(イヤンくすぐったい)尋常ではない至近距離でこう教えてくれました。しゃべるたびに唾液がクチャクチャ言うのが何とも言えずマンダム。
「勝ち組御用達のお店なのさ。この店の所在は金持ちの仲間内にしか伝わっていない。セレブたちが秘密裏に店の場所を教え合ってるのさ。政治家や芸能人、野球選手なんかも来るよ。お忍びでやってきたハリウッドスターが舌鼓を打ったり、企業のトップが人目を忍んで高級ホステスと密会をしたり。重要な政談の前調整が行なわれたこともあるそうだ」
 だそうです。ほえー、すごーい。こんな所にボクみたいな薄ぎたない子が来ていいのでしょうか?ありがとうパパ♪
 平日の夜だからか、知る人ぞ知る店だからか、店内は閑散としておりました。ボクとパパの他には遠く離れた場所にオッサン二名が座ってるのみ。
 でまあ、こっからですよ本題は。そのオッサン二名──以下、仮に「道橋」「川路」としますね──が、どうやら橋梁談合事件の関係者みたいなのです。
 ボクはパパとイチャつきながらなんたらいう高いワインやドン・ペリニオンなんかを飲んでいたのですが静かな店内、少ない人数でしょう?道橋と川路の会話、筒抜けなんですよね。しかもヤツら、ベロンベロンに出来上がっているらしく、アブナイ話を大声で漏らしまくってるんです。もうダダ漏れ。紙おむつが必要だよこの老いぼれって感じでした。
 酔ったパパからイイように胸をまさぐられながらボクは彼らの会話に耳をかたむけました。パパは前後不覚に酔っていたし、というか発情してたし、店員は道橋・川路ペアから遠い場所に陣取っていたのでこの話を聞き取ったのはボクだけだと思います。
 以下、彼らの会話から再構成です。ちょっと考えさせられるんじゃないですかね。なお、細かい点──たとえば口調とか業界用語・隠語なんかには多少の差異があることをあらかじめお含み置き下さい。
「…しかしねぇ、まいったよ。もはや慣習化してたのにな」
「ええ。たいへん申し訳ないと思っておりますエヘヘ」
「いやいや、君が謝ることは無い。悪いのは交鳥居(?)(ココ、よく聞き取れませんでした)なんだから。こんなに騒ぎ立てて、我々が長年かけて土買ってきた(?)システムを乱して、一体どうするつもりだ」
「告発したところで、何の改善にもなりはしないのに。決して。それをわかっていながら、混乱を招くようなマネを…。大型の橋梁工事を施行できるのはどうせ数社だけなのですから。激震が走って業界の強固な地盤にヒビ割れが起き、安心できる橋を満足に架けられなくなったら誰が責任を取るというのだ!メリジェーン!」
(注:実際には「メリジェーン」なんて言ってません)
「何人かスケーベゴート(?)をあてがってさ、黒幕たちはドロンだよ。しばらく潜伏したのち、また談合するよ。絶対にね。ネバーギブアップの精神だ。ハングリーなのだよ、我々は!」
「その時はまた、ぜひともお手伝いさせていただきますよ」
「よろしく頼む。道路公団も、族議員の寡占はついえないだろうし今年もまた国家予算は大量に回ってきたし、よろしくやるさ」
「我々が甘い蜜を吸えば吸うほど、国民に負担がいくわけですが(笑)」
「ご苦労なことだよな。勤勉な働きバチだよ、彼らは」
「このまま無駄な工事を発注しまくっていたら後世に借金がのしかかります(笑)。くわばらくわばら。早く生まれて良かった!おふくろに感謝!」
「いやー。我々が税金を搾取しようと、微々たる物だよ?日本の借金は、別の所で膨らみ続けてるんだから」
「ついに七百兆を突破しましたね」
「もう、実感ないよな(笑)。だから、我々が百億くらいふところに収めようとほとんど影響は無いってこった」
「そうですね…。そう考えます!ポジ恥部・寝禁具(?)」
「まあ、我々がいかに私腹を肥やそうが、子孫たちは我々の犯した悪行三昧には気付かず…」
「悪行三昧(笑)。自覚してらっしゃる。お代官様も人が悪い(笑)」
「(笑)気づかずだな、我々の仕事に感謝する、と。建設の魅力はそこだね。仕事の形が後世まで残る。自分たちの建てた建造物が長い間使われ、民から感謝される。我々の名前とともにね。歴史に仕事と名前が残るのだ」
「皮肉な話ですなぁ(笑)」
「いや、おいしい話だよ(笑)」
「ガハハハハハ」
「ガハハハハハ」
 道橋・川路が談合をしていた業者の幹部なのか道路公団の役人なのかそれともその両方それぞれなのかそれはちょっとハッキリとはわかりません。が、このような内容の会話が交わされていたのは事実
無根なのです。
 そう、事実無根なのです。事実ではないのです。ここまで聴いていただいて非常に恐縮なのですが全部ウソっぱちであります。作り話です。こんな店、見たことも食べたこともありません。ていうか、オッサンと援助交際なんかするかよ!その時点でウソって気付けよ!ホモじゃねえぞ!どうせエンコーするならオバさ…オバさんともするかよ!バカにすんなよ!


(CM)
 昨日の飲み会は楽しかったですね。有限会社かっこわらい(仮)の麦酒庭(ビアガーデン)での語らい・有限会社(笑)(仮)の空桶箱(カラオケボックス)での絶唱。ハッとしてポッとしてグッと来たメモリーが、まるで昨日のことのように思い出されます。実際昨日のことです。
 あなたはミッドナイトサマータイムシンデレラ、魔法(JRの)が解ける前に帰ってしまわれたのでサミシューございました。幹事を務めてくれた(有)(笑)(仮)の瀬峰くんに謝辞を述べる次第であります。どうもすいませんでした。
 ご無事を祈っておりますよイッヒッヒ…。三流ホラー番組(有)(笑)(仮)。



 リスナーから電子メールが届きました。先ほどの橋梁談合の報道についての感想ですね。なんでしょう、業者と役人の癒着に怒りを感じたのでしょうか。
「亀渕くん。よく出来ました。こんなに長々とウソを並べても罪悪感を感じないなんて一回病院に行った方がいいかもよ。」
 わ、悪気はなかったんです。つい、出来心で、つい…。本当は偽装工作なんかしたくなかったんです。生まれてこのかたウソなんかついたことのない清らかな青年なんです。魔が差しただけなんです。だから、あの、警察だけには!警察だけには言わないで下さい!──「警察だけには」ですから、警察以外にも言うならいいです。
 本当に嘘つきであります。「悪気はなかった」なんて言っておりますがそれはウソですし、「わしは億万長者!」なんて言っておりませんがそれもウソでありますし、「ワタシ、ジツはビル・ゲイツ!ニポンゴ、ナカナカ、ウマイやろ」というのも当然のごとくウソであります。嘘つきです。ヒツジの皮かぶった女ギツネであります。なお、いらぬ情報ですが、ヘビは皮をかぶっておりません。脱皮しております。(どおゆう意味??)
 また、ボクはキツツキなウソツキでもあります。下から読んだらキツソウなキツツキです。冗談キツイのです。真顔で知らんぷりしてデマを吐き散らかすから手に負えません。申し訳御座いません。大変遺憾に存じます。(AD:政治家的手口。反省してると見せかけてしてない。)ADのバカヤロー!勝手な注釈入れるんじゃねぇ!(AD:申し訳御座いません。大変遺憾に存じます。)て、てめー、反省してねーだろ!
 しかしまあ、こうして気軽に素早く電子メールが届くようになった背景には、例の「IT革命」がございました。「International Travel (国際旅行)の略」だとか、「発明者 Ian Tesla のイニシャルだ」とか、「Information Technology (情報技術)の略だ」とか「(外国の人と)逢いてー」の意味だとか「InterneTの略だ」とも言われる、IT。その語源については実に様々な説があるのですが、時の首相・森喜朗氏がブロードバンドの爆発的普及を賞賛して「IT(イット)革命」と名付けたとする説が最右翼です(色々な意味で最右翼です)。
 二十一世紀。高い技術水準に裏打ちされたブロードバンド(広域帯による高速常時接続)が、it(それ)呼ばわりされるほどに普及しました。下層階級の人たちでも気軽に電子メールや音声チャットが出来るようになったのです。
 これはすばらしい技術革新でした。電話代をケチる日本人が、通話時間を気にせずコミュニケーションを取れるようになったのです。いい話じゃないですか。
 そして、IT革命・通信の高速化は世界を縮めたと言われています。あらゆる情報が空間を一瞬で飛び交い、世界各国の距離が縮まったというわけです。「韓国では日の丸国旗を生理用ナプキンと呼んでいる」という情報およびその証拠写真とか、イラク製・生きたまま首を切られる人のドキュメンタリー映画とか、日本に居ながらカリフォルニアの無修正を拝めるとか、さまざまなデータが容易に入手できるようになったのです。こうして世界の距離は縮まりました。出版社の寿命も縮まりました。その他、クラスメートのアキちゃんの着替えの場面や近所の銭湯女湯のリアルタイム画像、死刑執行のパノラマ映像などが手軽に楽しめます。すばらしいことですね。
 おかげさまで当番組にも電子メールが続々届いております。
「世の中お先まっ暗な事件ばかりですね。社会で生きていけるかどうか心配になります」
 厳しいことを言うようですが、社会学で飯を食っていくのは結構大変なことです。もっと需要のある、たとえば経済とか数とか物理で生きていった方が良いと思いますよ。
「亀ちゃん、あなたのトークはいつだって輝いていましたし、これからも燦然と煌めくことでしょう。みんなの記憶の中で」
 死んだことになってる!?
「DJケムリが大好きです。彼のトークはあまりにおかしくって思わず吹き出してしまいます」
 いや~、噴き出しますよね。穴という穴から汁が噴き出してしまうのですよ、平然とした態度で繰り出されるあのトークにハメられると。すごく尊敬しております。ボクもあんな大人になりたいなぁ!愚見ですが、まともな方々には彼の魅力は充分に理解できないかも知れません。そう考えるとボクたちは特権階級ですね。恥悩指数の高い。でも、ファンレターはその人の番組に直接送って下さい。迷惑です。
「追伸:ちなみにおまえの番組はそれほど面白くない」
 ありがとうございます。うれしいです。人力車に轢かれてペシャンコになってフナムシに食われて死ね。
 他の方からの涙のリクエストも依然募集中です。ドシドシおたよりをお寄せ下さい。宛先は渋谷区役所でおたずね下さい。着払いは勘弁な。


(CM)
 株式会社スーパームンでは、ただ今、やる気ある新入社員を募集しています。男女不問、年齢国籍知能指数も問いません。初心者も大歓迎。日本語さえ書ければ大丈夫、簡単なメール作成のお仕事です。頑張れば年収百万円も夢じゃないぞ☆
 お問い合わせは4649-77-7070、スーパームン人事部江口助平まで。



 続々届く電子メール。そんな中、たった一通こんなメールが混入しておりました。
「こんにちは。初めまして、『あいか』って言います。突然メールすいません。私、出会い系初めてまだ日が浅いんですけどなんとか書き込めました。今音楽関係の仕事をしてます♪歳は二十四歳で独身です。普段は出会いが全く無いので、今日は初めて自分からのメールに挑戦してみました。これから仲良くなりたいと思ってます?もしよかったら少し期待しながらお返事待ってます(笑)」
 は…はじめましたー!冷やし中華はじめましてー!(※ 錯乱気味。ちなみに顔は真っ赤で目はハートマーク)
 いやーどこのどなた様ですかあなたは。音楽関係の仕事してて出会いが全く無いってすさまじいですね。かわいそうです。出会いが全く無いのが、ではなく、出会いが全く無い仕事をしているのが。どんな音楽関係なんでしょうか。CD工場??
 「出会い系初めてまだ日が浅い」とのことですが、「始めて」の漢字が間違っていますよラジオネームあいかさん。それと、「仲良くなりたいと思ってます?」って疑問形ですね。自分の発言に責任が持てないのですね。ボクといっしょだ!
 これはいわゆる迷惑メールです。男女の出会いを斡旋する交流の場“出会い系サイト”を運営する業者が、宣伝目的で誰彼の区別無く送信する電子メールです。あいかちゃんは一般人を装った業者に間違いありません。詐欺師です。
 百パーセント…いや、百二十パーセント迷惑メールにちがいないのですが、一パーセントでも普通のメールとしての可能性があればお返事するのがボクのポリシーです。偶然まちがって届いたメールから始まる恋、スタートです。
 以下、ボクが実際に送ったメールです。保身のため、本名ではなく「ケムブチ」という偽名を用います。
「恥めまして。ケムブチと申します。突然メールすまないです。ものすごい濃いメール・つゆだく濡れ濡れもうお汁が溢れてゃうっ!!なメールを下さり恐悦至極悶絶地獄でありました。
 ──以上の出だしは読み直してみて人品悖ること千里を走る文章でしたので適当に記憶からデリートしていただければ是れ幸いです。敢えて書き直す行為はしません。なぜならモッタイナイおばけが出る故。
 優しい(時折)あいかさんなら、変な文章でも許してくれるかと思って調子に乗ってますたー便小。一般人には理解不能な点も音楽業界のスタンドを発動してウマイ具合に曲解して受け止めてくれると信じております。
 実を言えば、キーボードのカタカタ鳴るに任せて垂れ流しています。つまり適当です。すみません。ちょっと眠いのです。若干の眠気が(人間)ENDルフィンを醸し出している文章ですがあいかさんのメールにボクの第六人格が触発されて対抗意識をモヤシた末の産物ですので責任の所存はボクには御座いません。あなたに御座います。刑事責任を問わさせていただきます。損害賠償としてあいかさんの秘蔵写真を送りなさい。ではマタニティードレス。」
 さてはて、あいかさん──本名相田勘兵衛被告はこの意味不明なメールにどんな切り返しを見せてくるか。番組時間内に返事が返ってくるといいな。


(CM)
 ドレスを新調するなら…。テーラー・タナカカナコ!
 コナカ彼方にタナカカナコ!
 サイズ色々、Sから12XL、ソフトSMまで。

(CM)
 童話『はだかの王様』にヒントを得た、革新的なオーバーコートの登場。その名も、「バカにしか見えない服」!
 オリジナルは「バカには見えない服」でしたが、それとは全く逆の新素材を採用。あなたがたのようなうつけ者に打ってつけ。タイミングを見はからってコートの前を開帳する生活にオサラバしよう。この服を着て歩くだけで、キャリアウーマンたちは顔まっ赤!
 露出狂御用達、警察からは咎められないスグレ物。バカにしか見えない服。踊れるバーバリアンから。



 無遅刻無欠席無早退無能無味無臭無色透明。どこから見ても品行方正なボクは、真面目で正直・ウソひとつない人生を送ってまいりました。人様に迷惑をかけたことはございませんし、もちろん警察のお世話になった経験はございませんし、女子の前歯を誤って粉砕したこともございませんし、タバコで停学になったこともございませんし、全校集会を鶴の一声で散会させようとしたこともございませんし、ボクの一声に触発されてゾロゾロと体育館をあとにする全校生徒を必死に制止しようとするが止めきれなかった教師を勝利の面持ちで眺めたこともございません。ボクは天真爛漫、一点の曇りも無い純真無垢無罪放免無職童貞な男の子でございます。ありのまま、着の身着のまま、木の実ナナメな亀渕をこれからもよろしくお願い申し上げます。
 嘘つきは泥棒の始まり、ってなわけで、嘘つきのボクが警察のお世話になった時の話をします。題して「チャーリー・シーフ」です。もはやニュースでも何でもありませんが、ボクの体験談から現代日本の一端が垣間見られるといいな、なんて。
 渋谷での飲み会が二十四時前に終了。ボクの自宅は千葉県某所。終電は無いと知りつつも、行ける所まで帰ろうと目論みます。──いや、総武線を選べば帰れたのかも知れません。地下鉄東西線を利用したのが間違いでした。東陽町(江東区)で止まってしまいました。
 しかしそこはそこ、「まあ、歩くか」と、健康志向で前向きに生きていくことを決意しました。東陽町、楽しそうジャン!(イェイ!)夜が明けるまでにはおうちに着けるかな?明日の仕事、間に合うかな??
 目の前にはフルマラソン並の苛酷な道のりが伸びているというのに、どこまでも陽気なボク。普段はめんどくさがり屋の彼も、お酒が入ると人が変わるね☆ でも、その浮ついた気持ちが、あんな大惨事を引き起こすなんて…。
 東陽町駅改札。運賃が三十円不足していたので、駅員に五千円を渡そうとすると、「細かいのないのぉ?」と、なにやら威圧的。「ナイっス」悪びれぬ酔っぱらい。「こっちも細かいのねえんだよ、いいよ」と、不機嫌そうに通過許可。言葉遣いにはムカつきましたが、うまい棒三本分の食費が浮いたと思うとウキウキ、快く駅を後にします。
 階段を昇ると、そこはまがうこと無く東陽町。ここから東を目指せば良いわけです。そのまんま東を。東っていうと、お日様がコンニチワする方角です。
 歩き始めてすぐのことでした。「ダッ…リィなぁ」早くも歩くのに挫折しました。さきほどまでの勢いはどこへやら。
 そんなこんなでチャリ発見。子ども時代に鍛えた鍵開けのスキルを駆使し、さっそく乗車しました。しかし、小学生用のバイセコーらしく、乗り心地は最悪。乗って十秒と経たない内にUターンし、そのチャリを所定位置に戻しました。
 すると、後ろからオマワリさんが五人ほどウヨウヨ出現します。どこに潜んでいたのでしょうか。尋問されるまでもなく「パクりました」と白状し、パトカーに乗り込みます。
 重苦しい雰囲気の車内ですが、ニコニコ顔のボク。だって酔っております。ハプニングこそ楽しい。人生にハプニングは付き物、とことんまでエンジョイしなきゃ♪
「いつから気づいてたの?」
「え?どういう意味ですか?」
「ほら、警察がいるってことに、どの時点で気が付いたの?」
「え、いや、さっぱり気づきませんでした」
 どうやら、急にUターンしたのが怪しかったので職務質問をかまそうとしたらしいです。身なりも怪しかったですしね。
 ちょっと事情聴取しようとしただけで何も聞いてないのに進んで「自転車パクリました」なんてゲロするから(ゲロ≠嘔吐)不意を打たれたようです。ボク的にも損しました。
 しばらくドライブを楽しんだあと、城東警察署という上等な建物に連行されました。いろいろと書類を書かされ、その間に世間話をしました。捕まった自覚が希薄であります。
 ボクは警察を、ヤクザと変わりの無い存在と考えております。合法か非合法かの違いだけで、人相や人柄や雰囲気は何ら異なる所がございません。警察署の奥地に潜入すればわかります。普通にガラ悪いです彼ら。ある程度コワモテじゃないと、犯罪者からナメられちゃうのでしょう。
 そんな鬱屈した警察のオフィスに突如舞い降りた一人の天使・ボク。老人ホームを訪れたお笑い芸人みたいな感じでした。盛り上がりました。盛り上げました。
【ボク】警察の景気は最近どうなんスか。
【警察A】悪いよ。
【ボク】犯罪が多いからですか。
【警察B】東京都の方から、賃金をカットされるんだよ。
【ボク】警察の仕事って大変ですか。
【警察C】ああ。寝てないもん。
【ボク】(栄養ドリンク剤を指しつつ)だから飲むんですか。
【警察C】これだけじゃあ効かないよー。
【ボク】ここらへんて、一日何件くらい事件あるんですか?
【警察D】どれを以て事件と言うかはわかりませんが、閑静ではないですね(なんて上品かつウィットに富んだ返答!)。
 七人くらいの警官達と、なかなか楽しいサロン的雰囲気。ちょっとした社会見学気分であります。特に心惹かれたのは、廊下で茶髪小僧が警官の一人と「俺、俺じゃねえって!俺じゃねえって言ってんだろ!だーかーらー。俺じゃねえっての!」と水掛問答をしていたことです。二十一世紀東京の服装とは思えぬほどダッサいトレパン姿で頑張っておりました。家出少女風ヤンキーも同じようなファッションで奮闘中。「ここは八十年代の学園ドラマか」などと思ったりもしました。
 トークを評価されたのか、送ってもらうことになりました。さすがに自宅まではムリですが、県境までVIP送迎ですよ。普通の警察署は管轄が違うからそこまでは無理らしいです。彼等は本部直属だったのでそのような小粋なサービスが可能だったわけです。ひゃっほー!
 途中、警察無線で、違反車両追跡の応援要請が入りました。捕り物が見学できるかと思って期待に胸膨らみましたが一般人を乗せたまま業務をするわけにはいかなかったらしく、残念ながら拝めませんでした。
 東京都と千葉県の県境にてパトカーを降り、ボクはそれを敬礼で見送りました。軍隊でやるような最敬礼。そしてすぐ、タクシーに乗換。運転手とカーナビ導入会議を開きつつ四ケタ大回転の運賃にて午前三時帰宅。一件落着であります。
 続きはCMのあとで!


(CM)
 これで君も、今日から公僕!ポリスバケツのご紹介です。
 一見するとただのポリバケツ。だけどこの、ゴミ箱のフタ、開ければあらま、ブタ箱に早変わり。社会にはびこる生ゴミ粗大ゴミをじゃんじゃん詰め込もう!
 ポリスバケツは全国のSMショップで販売中。



 それから二週間後。チャリ窃盗被擬事件にて身柄を確保された亀渕は、ママに書いてもらった身請書を携えて、再び城東警察署の床を踏むのでありました──
 地域総務課に参上すると、部屋には担当の斉藤さん一人。今日はマンツーマンであります。
 窃盗被擬でしたが、二週間経ったうちになんか罪が軽くなりました。チャリ主に問うた所そのチャリは今年始めに紛失したとのことで、ボクの行為は拾得物離脱とかいう罪になるそうです。一般名詞で言えば「横領」であります。ちょっとした政治家気分。しかし、犯行現場は持ち主宅の目と鼻の先。気付くでしょ普通。「亀渕いいヤツだからうまくゴマカしてあげようよ」という、警察による偽装工作の臭いがプンプンします。
 いずれにせよ晴れて微罪処分となって書類送検はされぬ事と決まった。前科者にならずに済みました。良かったよパパ、ママ。
 鑑識課にて記念撮影を執行します。テレビドラマそのままの取調室にときめきつつ、四畳ほどの撮影室へ。鑑識総出で留守なので、撮影も斉藤さんがする。マルチな人である。
 身長測定器に似た黒い装置の傍に立たされます。可動部分を胸の位置まで下ろし、そこに日付をセット。すっかり犯罪者の出で立ちです。
「あのー、これ、日付間違ってるみたいですが…」
「いいんですいいんです」
 斉藤さんはとても気持ちのE人だ。正面・斜め・側面と、順次フラッシュ!!
 次に、コピー機のような装置の前に移動、本格的な指紋採取。ここでも斉藤さんが活躍する。ガラスの上に手を置き、左右各指・両手の平・手の平側面・左右全指をコンピューターに記録される。こうして一人前として認められたわけです。ボクの手は脂っ手で湿り過ぎなので採取には大変苦労しました。何度も指を拭きました。斉藤さんがフキフキしてくれました。トイレのあとに尻拭いしてもらう赤ちゃんの気持ち…。乾燥しまっくてる人は指紋が出にくいそうですが、汗ばみ過ぎも指紋が潰れやすい。「何事もほどほどが一番良いのさ」斉藤さんの言葉はいつも哲学的だ。
 これで全てが完了、斉藤さんは玄関まで見送りに来てくれた。そしてなんと、あのセリフを聞くことに!
「もう、来るなよ」
 うわー、ホントに言うんだ。発言した斉藤さんも、なんだか満足そう!
 深々と頭を下げるボク。
「お世話になりました!」
 微罪処分・書類送検無しなのに、ムショあがりのようなシチュエーションを演出しております。ボクと斉藤さん、今冷静に考えるとアホです。ドラマチックな別れを捏造して勝手に酔ってます。
 ああ、良い経験になりました。いろんな体験が出来た希有な二週間であります。みなさんも機会があったらぜひ一度捕まってみて下さい。以下、ボクが斉藤さんに取材した一問一答を報告しておきます。
 Q,指紋採取は捜査に役立つんですか。
「君みたいに二度と過ちを犯さないような人にはあまり意味がないけど、泥棒(プロ)には、ね」四民平等(四民=警泥高小:警察泥棒高額納税者小市民)で採取するとの事でした。
 Q,警察官による拳銃発砲についてどう思いますか。
「私らの時代には少なかったけど、一般市民が悪くなってきたこれからの時代、若い人たちは撃つ機会が増えるだろう」
 Q,神奈川県警不祥事続き…怖くて聴けず。


(CM)
 その昔、埼玉県に一台の廃車が放置されておりました。パッと見、パトカーなのです。しかしパトカーではないのです。パトカーが不法廃棄されるはずはございませんから。
 よくよく確めてみると、地元のヤンキーがペイントした一般車です。パトカーそっくりの配色。にせパトカーでございます。よく出来てるなぁ。
 しかし…。車体側面に注目!「警視庁」の文字が、「警死庁」…。
 埼玉は怖い所でございます。埼玉観光協会からのPRでした。




«  | ホーム |  »