とりぶみ
実験小説の書評&実践
プロフィール

  • 執筆陣紹介

    大塚晩霜
    原作/草稿担当。

    大塚晩霜
    推敲/編集担当。

    大塚晩霜
    昼寝担当。



過去記事



最新記事



最新コメント



RSSフィード



検索フォーム



リンク



BNSラジオ 17:00~18:00   (2009/06/01)
Ver.1.02【40枚】
交通情報/こども電話相談室/キャメロンの英語教室(鎖国と植民/バイリンガル/翻訳ソフト/モアベター/ジョン万次郎英語/アムハラ語)/天気予告

【クイックリンク】
ジングル:五十発のおなら/交通情報
こども電話相談室
キャメロンの英語教室(鎖国と植民バイリンガル翻訳ソフトモアベター/ジョン万次郎英語)アムハラ語
天気予告





(ジングル:五十発のおなら)
 プッ。プスー。プスッ。プピー。プピッ。プビー。プビッ。プオー。プオッ。プリッ。プホッ。ププッ。ププー。ププ。ブー。ブッ。ブスー。ブスッ。ブビー。ブバッ。ブビッ。ブピー。ブピッ。ブオー。ブオッ。ブリッ。ブホッ。ブブッ。ブブー。バボッ。バフン。バフゥ。バフッ。バビッ。バプー。バプッ。ピプッ。ピプー。ピースー。ピュピッ。ビー。ビビッ。ビブー。ブリン。ボッ。ボフッ。ボブン。スー。スピ~。ブバッポモリモリ…。


(CM)
 本日のBNSラジオ、夜の放送予定は…。
 十七時から十八時。交通情報。こども電話相談室。キャメロンの英語教室。天気予告。
 十八時から二十時半。野球中継。試合中止の場合は亀ちゃんのニュースエンタメ。二十時半からクイズ姉折り目です。
 二十一時から二十二時。新番組カメラトーク+。BNSラジオに不足しがちな音楽を提供する番組です。
 二十二時から二十四時。放送中学。本日は立石さとしの日本語講座です。
 二十四時から二十六時。楽駄の恋愛相談。えぬエッチ系スペシャル。
 二十六時から放送終了まではBNSラジオ公開放送を予定していますが、何をやらかすかはまだ決めていません。
 全部通して聴くような暇人はいないと思いますが、各番組、お楽しみに!



【交通情報】
(BGM:アントニオ猪木の入場テーマ曲)
 おいっす(かったるそうに)。
 なんだよ。なんだよおまえらのその死んだ魚のような目は。BNSラジオ交通情報ですよ?もうちょっと温かい、自販機的に言うとあったか~い感じでさ、むかえてくれてもよくない?え?何が不満だ?猪木が出てくるとでも思ったか?バッカじゃねーの!出てくるわけねーだろ!ボンバイエが流れたら、すぐ猪木か。その短絡的思考、やめた方がイイト思ウヨ?
(静まり返る客席)
 そんなわけでよぉ。BNSラジオ交通情報はしばらく放送をサボってたけど、このたび仕方なく復活してやったってわけ。みんな、覚えてるー?まさか忘れたとは言わせない、言わせないよこのタコ助。俺を知らないヤツがいるとすれば、そいつぁーモグリだ。常連じゃない、新参者だ。ペーペーだ。林家ペーパーだ。ペ・ヨン・(略)!
(またまた静まり返る客席)
 …ってな感じでね、背中にうすら寒い汗を感じながらの登場です。蒸し暑いので少し涼しい感じのギャグがちょうどいいよね。これからの季節、BNSラジオ重宝しますよ!(泣)
 さて、約束の三時間がちょうど経過したのでこうしてみなさんの前に再降臨しました。時間にルーズな男はダイッキライ、道路リポーターの辻田です。──ん?三時間以上経過してる、って?ああ、そっちでは時間が経つのが早いんでしたっけ。せせこましい競争社会での多忙な毎日、ごくろーさんです!(敬礼)
 家出し、じゃっかん寄り道をし、プチ出家・道草を食って腹を下す・生きる道を誤るなどしてしまいましたが、こうしてまんまと帰ってきました。おひさしぶり!おひさしオヒサシ井上ひさし!おひさしブリジット・バルドー!おひ差し歯!お日立電器!お日さまブリリアント!おひさしゃぶりペロペロ!元気に生きてます辻田ですオヒサスタジオジブリ!おはスタ!(収拾不能)
 こんな短期間でも、こんな俺でも、居なきゃ居ないでさみしく思って下さいましたか?下さいませんでしたか?下さい。思って下さい。思ってよぉ…。
 どうしてこんなに長いあいだ交通情報が途切れたのか。科学的な態度で客観的に研究してみましょう。顕微鏡・試験管・三角フラスコとシャーレとスポイトを用意。もし準備できるのなら軍手・テレカなども用意しておくと便利。
 近況報告、略してキンポコです。リポートをサボっていた時間、俺が何をしていたかっつうと、おもに死んでました。かと言って別に寝込んでいたわけではなく、寝転んでいたわけでもなく、ネコ産んでいたわけではもちろんなく、富士山麓オウム鳴く、一夜一夜に人見頃・人並みにおごれやでした。疲労困憊コンバインの日常にノックアウト。お疲れサマーセールだったのでサボってました。グダグダになっており、「もう続けたくないやい!カネにもならねーし」という禁句が飛び出すほど餅便小ダウン。
 そこでバカンスに出かけました。風の音・虫の声を聞きながら、時には熊に襲われそうになったり野生のチワワに襲われそうになったりしながら茶を立てたり花を生けたりしながら簡素質朴な生活を送り、青空広がる快晴の日には波乗りに出かけました。波乗りっていうのはもちろんネットサーフィンのことです。
 その他どんなバカスを送ったのか具体的には言えません。プライベートの話題は、ヒ・ミ・ツ!(辻田の秘密→休日は親指のツメを噛みながら部屋の片隅で体育座り)
 交通情報を楽しみにしていたヒマジン・ノー・ヘヴンの方々、申し訳ないっス。体育会系の口調で謝ってみたっス。今後は心を入れ替えて頑張るからね。よっし★(ちからコブ作りながら気持ち悪い笑顔)
 と思ったけど時間が押してるみたいなので交通情報はやっぱ無しです。知りたきゃ他局で聴いて下さい。


(CM)
 BNSラジオ経理部の伊丹です。私は禅に興味があって、『碧嚴集』という公案の本を蔵しております。まー自慢です。すごいでしょ。自慢です。いやいや、そんなにすごいって!自慢です。…白状すると全然読んでません。古本屋でたまたま見つけて何となく買ってしまいました。間違いでした。読めない。自慢です。誰か引き取ってくれ!定価で!!



 はいもしもし。こちら「こども電話相談室」だボケェッ!
 小学生のお悩みを縦横無尽に解消していくこの番組。優しくてカッコイイこのお兄さん・DJイーオンに何でも電話してこい。電話番号は00-0721-3169。「自慰から債務苦まで」って覚えな。思春期の悩みから金銭の悩みまで、何でも相談に乗るぜ、チャキ!…チェキって言おうとしたら言い間違えちまった。俺はチャキチャキの江戸っ子か何かか?
 今日もチンケなガキどものチンゲなお悩みをバッサバッサと叩き斬ってくぜ。お電話家紋(イエモン)、日々豪(Here we go)!
  ヂリリリリン
「はいもしもし」
「大人はなんで勉強しないの」
「子供のうちに勉強したからだよ」ガチャッ。
  ヂリリリリン
「はい」
「お酒とかタバコっておいしいですか」
「まずいよ」
「じゃあどうして飲むんですか」
「大人は身体に悪いことが好きなのさ」ガチャッ。
  ヂリリリリン
「はい」
「大人っておかしい。おたがいキュークツなおもいをして、おべっか使いながらお茶飲んでる。どうして」
「この世は全てショービジネス」ガチャッ。
  ヂリリリリン
「はい」
「赤ちゃんはどうしたらできるの」
「Faxるとできる」ガチャッ。
  ヂリリリリン
「はい」
「やっぱ大人っておかしい!だって  ガチャッ。
  ヂリリリリン
「はい」
「なんで途中で切っちゃうの!私の  ガチャッ。
  ヂリン
「(またかな?)」
「フェルマーの最終定理を解け」
「(違った。でも面倒だから切ろう)」ガチャッ。
  ヂリリリリン
「はい」
「子供にだって人権があるっつーの!おれはかーちゃんのドレイじゃないっつーの!そうだろ!?」
「そうだよタケシ。おまえは母ちゃん専用のトイレだっつーの」ガチャッ。
  ヂリリリリン
「はい」
「えらい人になるにはどうしたら…」
「エロ本を買いあされ」ガチャッ。
  ヂリリリリン
「はい」
「えろいじゃなくてえらいですが…」
「英雄はエロいか。そうさ、エロイカはエロいさ。英雄色を好む。HとEROでHEROだ」ガチャッ。
  ヂリリリリン
「はい」
「自分に向いてる職業がわかりません。将来何になればいいのでしょうか」
「本業はアルコール分解作業員で、副業は無職」ガチャッ。
  ヂリリリリン
「はい」
「僕は大学を四浪中の男子です」
「終わってるネ」
「僕のせいじゃない!こんな名前をつけた親が悪いんだ!!」
「なんて名前?」
「…大五郎」
「プーッ!!ゴメンゴメン、こらえ切れずに笑いと鼻汁吹き出しちゃったよ」
「せめて大三郎にしてくれれば、三浪で済んだんだ。この分だと今年もダメで五浪決定だよ!」
「でも中五郎じゃなくて良かったじゃないか。中学浪人、厳しいよー」
「僕の気持ち、わかりますか!?」
「わかんね。とりあえずおまえに生まれなくてよかったよ」ガチャッ。
 ファックスが来た。
『お兄さんにファックスしてみました。これで赤ちゃんができるのよね!』
「できねーよ。俺に幼児趣味はネー」
  ヂリリリリン
「はい」
「作者です、大塚晩霜です。あなたの言葉は子供を導く真理です!」
「バーカ」ガチャッ。
  ヂリリリリン
「はぁい」
「ぼく、未来へ行きたいんです」
「そうか」
「どうしたら行けますか?」
「寝てろ。そのうち向こうから来る」ガチャッ。
  ヂリリリリン
「ほい」
「僕、過去へ戻りたいんです」
「そうか」
「どうしたら戻れますか?」
「無理だ」ガテャッ。
  チリリリリン
「はに」
「人生ってなんだろね」
「人が生きる事じゃん?」ガッチャ。
  ジリリリリン
「はいよ」
「死後の世界はどうなってますか」
「死ななきゃわからねえよ。死んで見てこい」ガチャガチャ。
  ナリリリリン
「ない」
「どうして人を殺しちゃいけないの?」
「殺されたらいやだから」ガモャッ。
  デリリリリン
「イエス」
「ともだちにいぢめられましゅ」
「そ」
「どしたらイ?」
「友達に聴け」グリャッ。
  キイイン
「はいしゃ」
「ぼく、将来大統領になるんだ!」
「なれば?」
「How to be the president?」
「ナマイキだよ。勝手にやれ。成ろうと思えば何にでも成れる、星にでも」ガチャッ。
  ピピピン
「ムック?」
「私、生きていくのがつらいんです」
「そうか」
「どうすればいいでしょうか」
「死ね」チャカッ。
  カアアアアン
「わい」
「あたし、死にたい」
「そうか」
「楽に死ねる方法、教えて」
「死ぬまで生きてろ」ガチャッ。
  ヂリリリリン
「はい」
「幸せってなんですか」
「自分が幸せだと思ったら、それが幸せだ」ガチャ。
 ふぅー。上がり時間だ、さっさと帰ろ。このあとはキャメロンの英語教室。


(CM)
おまかせあれ抗鬱剤ウスターに♪
ブサイクヅラーし、体育座ぁり…(そんな方に!)
おまかせあれ抗鬱剤ウスターに♪
グバーイ、ILLライフスターイル(グバーイ!)



 ミーの先輩・DJイーオンは、一見かなりふざけた回答をしておりますが、こどもたちの素朴で深遠な疑問にこれ以上ない形で答えていると思います。結構、至言。彼の優しさがそこはかとなくにじみ出しているように思えます、よく煮込んだおでんのように。彼はおっかない人のようですが、実はイイ人なのです。──と、言えと、脅迫されました。
 そんなわけでグルイブニン。キャメロンの英語教室、始まるよー。
 ハロー。アイ・アム・ジャップ、ファッキン・ジャップ・クライ・ワカルヨ・バカヤロー。最近どちくしょうが口癖になってきたキャメロンでーす。帰国子女でーす。日本人とアメリカ人のハーフでーす。よく「日本語ジョーズだネ」って言われマース。Oh Yeah(大家)。ジョーズね。ジョーズワカルヨー。ウワッて噛みついて来るヤツアルネ。ホオジロザメだっケ?アイヤー、コワイヨオソロシサメヨ。もう、サメザメヨ。…ゴホンッ!
 わ、話題を変えマース。昨日リスナーからこんなおたより届いたヨ。
「英語教室なのに英語の授業をほとんどせず、そればかりかやたら英語をけなすのはなぜですか。もしかしてホントは英語話せないんじゃないですか。ハーフってウソなんじゃないですか。私はもっと英語を勉強したいんです。今後は英語のトリビアと日本語の豆知識を混ぜたハイブリッドな番組にしてください」
 ヘイガール、混ぜるな危険アルヨ。混ぜない混ぜない、それマジアブナイおまじない掛けるアルのココロヨ。
 ホントは英語話せないんじゃないかとは失礼な。リアリーソーリーだよ。知ってる人もいるかも知れないけど、昔ミーは海外向けラジオのDJもシテマシタ。異人にジャパンのオモロ情報を英語で紹介シテタアルヨ、アイヤー。もちろん英語ダヨ。英語で喋ってマシータ。アーォ、アイアムバイリンガル。英語がわからない人はお手上げの放送。英五は河島、英雄はヒデオ。なんちゃって!……Oh、イッツ・ジョーク。Ohサダハルー。HaHaHa、ジョークデース(汗)。スミマセーン。オイタがスギタよ……
 英語教室なのにどうして英語を話さないのか、その弁解と説明、傾向と対策、酒と泪と男と女、ワカメとミルクとバナナとアワビを講じるため、こちらのパネルを示してパネルディスカッションに興じまショウ。
 英語って、とても親しみやすいヨ。世界中で使われてるアル。平易さを誇示するネ。「習得しやすい」「文法がやさしい」「英国紳士は優しい」「ひとりでできた。かんたんダー」世界各国に教えを広めるカッパ頭の宣教師のようデス。これは植民活動的言語と言えるかも知れマセーン。
 一方、ニポンゴ、とてもムツカシ。特に文字書くのとても大変アル。難解さを自慢しマス。「習得しにくい」「文法が複雑」「エッチが終わったあと急に冷たくなる」「ガイジンどもにおれっちの江戸弁わかってたまっかってんだぁ」閉鎖的デス。自閉症ぎみデス。教えたがりマセン。あたかも、法堂にこもって密教の秘術を学ぶ暗い仏教徒のようデス。これは鎖国的言語と言えるかも知れないアル。
 中国語は、──よくわかりマセン。広東語とか北京語とかあるようですが興味ないアル。あくび出マース。これは眠れる獅子的言語と言えないかも知れます。──言えないかも知れます、つまりは言えませんって事デース。
 この論法から考えますと母国語として日本語を使用しているミーは保守派デス。ひきこもり民族デース。
 右翼と左翼という概念がアルネ。あるそうデス。どっちかが保守派でどっちかが急進派らしいデス。よくわかりませんが対立しているらしいデス。じゃあオリックスブルーウェーブ黄金期の仲良しコンビ、左翼手田口壮と右翼手イチローは大の仲悪しだったのデショーカ??
 さて。ウヨサヨどちらかと問われれば、ミーは右翼デス。ライパチだったからデース。ちなみに「ライパチ」とは草野球用語で「守備はライトで打順は八番」の意味ヨ。打つのも守るのもヘタってことアル。
 右翼は自分の国を大事にするそうネ。右翼のミーもだから祖国の言語を大切にするワケ。ミーが英語や中国語でトークをしない理由はそこにあるアル大事典。決してお勉強が出来ないバカな子だからではないのデース。そう、バカじゃなくってヨ?ホントはペラペーラアルヨ?
 とにかく、日本語を大切にしマス。放送台本も日本語で書いていマース。断固として英語や中国語は使いませヌ。漢字もなるべく簡単な物を選びマス。たとえパソコンが変換してくれようとも、ミーが読めない漢字は用いまセン。──これに関しては中国語の使用エトセトラよりも、老後の楽しみとしてこの台本を再読する時に困るからデス。ミーが読めない漢字はひらがなに直し、読めないカタカナは漢字に直しマース。
(例)「麒麟檸檬」→きりんれもん/「マソソソ・マソソソ」→毬林万尊
 みなさんも日本人ならば、日本語を使いまショウ。ラスト・サムライは君ダ!


(CM)
 河合秋雄の~!A・カワイ教室!
(軽妙なBGM)チャンカチャンカチャンチャン…
 風雲、二十一世紀!群雄割拠の英会話業界は、河合講師の登場によって全くの別次元へ以下同文!
 駅前留年、河合秋雄のA・カワイ教室!



 さっきのおたより、まだまだヒドイ人身攻撃が書いてありましたネ。
 ハーフってウソなんじゃないかとは失礼な。あの。ええと。父方の祖父が貿易商で…え、あ…、それでおばあちゃんとザンビアの一膳飯屋で会って、で、どうしたっけな、あの、その…。紆余曲折あってミーが生まれた場所は……えーと、日本なのでショーカ。日本だとすれば西かな。それとも東?東の京都と書くTOKIO?ええい、こうなったら思い切ってお教えしマース。六丁目デース(せばめすぎやー)。もっとサービスしちゃうと、九番地デース(広めれ、広めれー!)。
 も、もう…。もう続けられない!このバタくさい喋り方も、自分の素性を偽ることも!今までの、全部、う…ウソです!あちきはちゃきちゃきの日本人でございまするー!この日本人顔をご覧下さいませー!(号泣)
 バイリンガルっていうのも当然うそデース。バイリンガルの本当の意味も最近になって知りマシタ…。
 バイリンガルとは、ふたつ以上の言語をスラスラしゃべれる人の事デス。アメリカで育った日本人の帰国子女などがこれに当たりマス。それはもう、すごいんデス。必要に応じて言葉がペラッと出てきてしまうワケ。アメリカ人から「Hi」と話しかけられれば即座に「はい」と返答し、日本人から「はい」と返事をされればすぐさま「Noと言えない日本人め!」くらいの毒を吐く、そんな能力を兼ね備えたペラリストたちのことなのアルヨ。
 恥ずかしながら、ミーは長らくこの語を「卑猥なギャル」のことだと思っていマーシタ。バイは売春のバイ・バイセクシャルのバイ・淫売のバイ、そして、梅毒のバイ・バインボインボヨヨンダッダーンだから。つまり、売倫GALだと思っていたのデス…。オーマイ、ガオーッ!
 こうなりゃヤケだ。CM中に届いたメールにも正直にお答えしマース。
「ラジオなのにパネルて。キャメロンくん、きみ、パネルディスカッションの意味、知らないでしょ?」
 ええ知りませんともディス・イズア・ペン。英語が大の苦手、三度の飯より苦手なので「パネルディスカッション」という英単語の意味がわかりませヌ。ニッチもサッチー判断できマセン。手持ちの『英和辞典』で調べてみマーシタが、この本はEnglish-Japanese辞書ではなく赤井英和の著書なので当然ながら載っておりませんでした激しく遺憾。
 パネルディスカッション、おそらくこれはローマの言葉でありマース。私は英語は苦手ですがイタリア語には堪能デス。男塾の田沢デス。イタリアといえばイタ飯しか思い付かないあなたがた、もっと言えばイタ飯とは炒めし、つまりチャーハンのことだと思っているあなたがた、国際派の私が翻訳してあげますから指をくわえて待ててくだサーイ。一旦CM。


(CM)
 BNSラジオ「英語教室」公認テキスト、『Phfffffttt』、絶賛絶版中。民明書房から。



 えーと。パ、パ、パ…。えー。あー。
 習うより慣れろとも言いますし、善は急げ、急がば回れ、あきらめるな、男はあきらめが肝心だ、とも言いますし、パネルディスカッションの意味についてはネバーギブアップということであきらめマース。ん、ネバーギブアップ使い方ちがった?
 天性のshy guy(謝意害)であるミー、思い立ったら吉害(kitty guy)。困難が立ちはだかるとすぐ挫折する弱い子デス。キャメロンの英語教室、本日の放送が突然の最終回デス。
 だってさ、今の時代、機械が翻訳してくれるモン。英語なんて習う必要ないジャン。たとえば、今から読み上げるエッセイだって、翻訳ソフトのチカラに頼れば、チョチョイのチョイの、チョイチョイのチョイだよ?
 エッセイ読み上げマス。
「日本人で、日本に住んでいるのに、英語を無理矢理学ばせられる。なんのために?将来海外商社で働くエリートは特別として、ばかに叩き込んでもなんの得もない。貧乏人は海外旅行に行く気遣いもない。外国人の友だちが出来たとしても、『日本に来るなら日本語を覚えて来い!』と言ってやる。大人は口をそろえて『英語はしっかり勉強しろ』と、自分自身は喋れないくせに勉強を強いる。高校の国語教師は『やっぱり英語は出来た方がいい。おまえらも大人になったらわかる。英字新聞が読めたらと、つくづく思うようになるよ』と言った。しかし今、翻訳ソフトというものがある。海外の情報はコンピューターが自動翻訳してくれる。英字新聞が読めなくとも、知りたいニュースを理解できる。やっぱり、英語を学ぶ必要はない。」
 ここで翻訳ソフトの実力を実際に証明してみせマス。翻訳ソフト『戸棚っ子』を使って、今読んだエッセイを一旦「英語」に翻訳し、その「英語」を再び日本語に訳してみるヨ。エッセイ→英語→日本語訳アル。傾聴セヨ、電脳のチカラを思い知れ!
「日本の人々によって、それは日本に住んでいますが、英語は研究されます[作る/作られた/それ]強制的に。に、一つの、どんな目的、特別のものとして(将来のものの中の海外の貿易商社で働くエリートは、馬鹿らしく運転しますが、)、彼は利益を持っていません、何の、どちらか。貧者は、外国へ旅行するために行く考察をまた持っていません。外国の友達はできますが、それは『それが日本へ来る場合は、日本語を記憶してください』と言います!大人は口を整えます、そしてが『勉強すること、英語、困難』また、彼自身は話すことができません、それらはそれを強要します、勉強します。高校の言語教師『行うことができるほうがよい、英語。(また)さらに、私が成長する場合、それは理解します。私が英語の論文を徹底的に読むことができる場合に考えるために来ると言われていました。』しかしながら、今翻訳ソフトウェアと呼ばれるものがあります。コンピューターは、情報の自動翻訳を海外へ続けます。彼は、それが英語の論文を読むことができなくても知るべきニュースを理解することができます。(また)英語を勉強することは必要ではありません。」
 あれ…??
 ……。
 やっぱり英語はちゃんと勉強しておいた方がモアベターなようである…。


(CM)
 社会保険庁からのおしらせです。若いうちに雀の涙ほどのアブク銭を納付しておけば、満期となった老後にはウハウハな生活が待っている!物価が上がってもご安心を。それに合わせて給付額も増やすよ。出産減少・小子化のコンボで超高齢化社会になっても多額の年金給付は留まる事を知らない!!元気いっぱい・孫に囲まれてリッチでチョーきもちいい老後♪ 在宅のまま、デッカク稼いでみませんか?



 ところで。生まれてこの方ミーは「より良い」の意味でモアベターを使っていマシタ。後輩に何か「こうした方がイイよ」と教える時に「モアベター」、改善された時はモアベター、何かと言えばモアベター、大事な所が黒く塗りつぶされた写真集にガッカリしてはヘアベター、モアベターモアベターモアイくちベタ紫イモアイス食ベターいくらいに頻用しておりマス。ムダづかいもイイトコです。
 しかし、「モアベター」という英語は用法的に間違っているそうデス。正しくはマッチベターと言うそうデス。マジで知りませんデシタ。英語の偏差値が三十切った事もあるミーですので、全く以て英文法は苦手でございマス。マッチベターなんですネ。今まで臆面もなくモアベターモアベター連発していた自分が恥ずかしくてたまりません。が、その恥ずかしさがまた気持ちよかったりするので何とも救いようのないマゾヒストでございマス。ただしベッドの上ではSデース。
 この誤りに気付いたのは、英語教室の放送担当を任され、否が応でも勉強しなければならなくなった時のことアル。この一件でミーは己の英語力の欠如を再認識し、恥ずかしく思い、反省し、モアベターをNGワードに指定して強くたくましく生きていこうと一番星に誓ったその日、世に名高い「ジョン万次郎英語」に出会いマシタ。
 ジョン万次郎──時は幕末、遭難・漂流しているところを米国の捕鯨船に救出され、日本人として初めてアメリカ大陸に上陸したティーンエイジャー。彼は熱心に英語を習得したのちに帰国し、黒船来日時には参謀としてペリー提督との交渉に望みマシタ。そのジョン参謀の著した『英米對話捷徑』には、彼の考案したカタカナ英語の数々が記されてマス。度肝を抜かれること請け合いヨ。何も言わず、次の文例を聴いて下さい。
「ハヲ ヅーユーヅー シヤァー」
 な、な…、なんてイナカッペ感覚あふれる発音なんだ…。シヤァーって何だよおっかねえ赤い彗星?と一瞬おびえましたが、この文例は「How do you do Sir?」デス。『英米對話捷徑』は全編この調子デス。
 このカタカナ英語が現代のアメリカ市民に通じるかどうか、旅行先のアサクサで検証してきマシタ。現地のパツキン美女との会話をお聴き下さい。
「Hau du yu du sar?」
「What?」
「ミーの英語はやっぱり通じない…。じゃあ、ハヲ、ヅーユーヅー、シヤァー」
「Ah. How do you do」
「あ、通じた。アイアムゲラーダ、ツシーユー」
「Me too, I am glad to see you」
「キャンユースパーカ、エンケレセ」
「Yes I can. And you?」
「ハッタ、ランゲシ、ヅーユースパーカ」
「What language do I speak?日本語も話せますよ」
「何だって?ええと。ユースパーカ、ツーハースタ」
「I speak too fast?(いや、日本語で喋ったんですけど…)」
「今小声で何か言ったぞ。えっと、スペーケ、ラータ」
「もしかして英語の腕試しですか。仕方ない、付き合ってあげましょう」
「このガイジン、発音おかしいな…。日本語みたいな発音をするぞ」
「あなた、日本人じゃないの。Where are you from?」
「メリケン」
「Are you American?Really??」
 通じちゃいマシタ。何度か聞き返されたケースもありましたが、すべて通じマシタ。「英語は、なんかスタイリッシュでカッコイイ!」その幻想が、みごとに打ち砕かれた瞬間デシタ…。英語は、ダサイ発音の方が、伝わる!
 ミーは英語を勉強する気をすっかり無くしマシタ。そして現在に至る。キャメロンの英語教室、最終回。


(CM)
 年金を納め始めてから、英語の偏差値も二十九から四十六へ大飛躍!!(オリコン調べ)
 抜け毛も減ったし背も伸びたしゴハンがうまいし彼女も三人できたし貯金も減ったしそれもこれもみんな水晶パワーのおかげ!ではなく年金を払い始めたおかげなのです。ちゃんと祓おう。



 今度は別のリスナーから励ましのおたより届きマシタ。読むネ。
「いつも楽しく聴いています。ですが今日、急に番組を中止すると言うものだから、とても驚いています。やめないで下さい。あと三回は続けて下さい。あなたが大好きです」
 きゅきゅきゅキュートー!(給湯でない)センキュー!(千利休でない)
 デモ正直ワタチらじおアキタヨ。だからやめよ思たのココロ。正直、英語嫌いアルシ。アイヤー。北京語だたらペラペラアルネ。まあウソだけどネ。広東語も多少イケるアルヨ。でも、関東語が一番得意アイヤー。長らくのご愛顧、どうも謝謝(シェー!)。そんなわけでこの番組もオワリにシマース(オーノー!)。英語が話せるフリをするのはモウやめデース。ミーは英語がsandの飯(砂ダンゴ)よりも苦手デース。
 ダケドネー。セッカク書きためた放送台本ダモノー、BNSラジオの他の番組に少しずつ移植してイキマース。移植オペデース。イワユル、リサイクル。使い回し。モッタイナイ精神でハリキリマース。ハラキリチガイマース。再放送とあわせてイヤニナルくらいバラまいてくカラ、覚悟シトケヨ、ファッキンジャップ。首を洗って待っててクダサーイ。──オー、チョットそこのオマエ。乳首は洗わなくてイイヨ…。
 ところでオ客サン、三回とか、何の話ネ。もしかしてメイクラブか。メイクラブの話アルカ。アイヤー。──ちょと、メイ倶楽部チガウヨ。Make愛ヨ。アイヨー。三回じゃ飽きないヨ。商いヨ。一晩四回は固いヨ。頑張るヨ。
 最後に、エチオピアのアムハラ語をご紹介いたしマス。もはや英語教室ですらないジャンという苦情は受け付けマセーン。
 アフリカ・エチオピアの公用語「アムハラ語」には、日本語と実に似ている語彙がいくつもあるアル。例を挙げると…
「アンタ(あなた)」「アッレ?(ある?)」「コンジョウ(うつくしい)」「コイ(待て!)」「カルタ(地図)」「チカ(泥)」「トロトロ(早く!)」「カスカス(ゆっくり)」「バカ(おしまい)」
 なかなか壮絶でショウ?しかし、なんといっても、極めつけはこれデース。
「ドナイシタンヤ(ごきげんいかが)」
 すげぇ。なんか、エチオピアに親近感を覚えてしまいマス。そして他にも……。
「イッチャラル(できる)」いっちゃう。「アオ(はい)」マイコーみたい。「アーイ(いいえ)」ラッパーみたい。「トウ/テイ(よせ/やめろ)」カラテみたい。「イッテンニョォ?(どっち?)」何言ってんにょぉ?「ィヤゾ!(捕まえろ)」嫌ぞ!「アイヌ(目)」アイヌ人=目玉のオヤジ。「アブ(口)」アブさんはクチさんか。「ゲラ(身体)」ゲラ刷りは体擦りネ。「マムシ(こども)」こども酒。とってもホルマリン漬けな香りダ。「ミンミン(幼女)」幼女ゼミ。ロリコンゼミナールだ。「セトアヤト(おばあちゃん)」瀬戸綾と。「アルガアサイユ(部屋を見せて)」あるんだけど、浅いらしい。「ハイク(湖)」五七湖。「ワルク(金)」金は諸悪の根源かしら。「ワラジ(降りる)」二足のワラジを無くしマス。「コニチャ(ダニとかノミ)」こんにちわー。「アサマ(豚)」豚山荘事件。「チマキ(フルーツジュース)」喉に詰まる。「タッチ(下)」タッチ、タッチ、そこにタッチ。「タッチャサァロォー(吸います)」タッチさわろう、そして吸おう。「ウンコラル(卵)」新鮮だ。「ウンコラリィト(カエル)」ウンコでラリる。「ビチャ(黄色)」パンツを汚す。「ウンコアン デナ マッタ(ようこそ)」ウンコ餡出なかった、て、そんなこと言われても困りマス。「アール(大便)」大便でアール。「タクマット(下痢)」宅間とゲイリー。「シント(糞尿)」信徒募集中!「マチーマッタ?(いつ来たの?)」待ちに待ちました(答えになってない)。
 ──いちおう断っておきますと、アムハラ語をバカにしてるわけじゃないデスヨ。妙に親近感を覚えるんですよネ~。ダサいジョン万次郎英語なんかより。
 と、キャメロンの心には英語への不信感が煙のように充満したとさ…。
「おばーちゃーん、続きはー?」
 ん?続きはないよ。さぁ、寝た寝た…。
「そのあとキャメロンはどーしたのー?」
 知らないよ…。風呂でも入って寝たさ…。めでたしめでたし…。
「気になる気になるー♪」
 うるさい子だねー!エイッ。(うなじチョップ)
「グフッ!」
 やれやれ…。
「ねーねー、ダラダラ続けてるけどさー」
 生きてやがった!
「もしかして水増し水増しー?」
 そうだよ!あっけなく番組が終わっちゃって、手持ちぶさたになったんだよ!
「ぐぅ…」
 ハンパな所で寝るんじゃねーよ!おばあちゃん置き去りだよ!おい、起きろ!
「ムニャムニャ、キャメロン、気にすんなよ…ムニャ」
 それじゃまるでミーがカワイソーな人みたいじゃねーか!やめれ!

【天気予告】
 天気予告の時間です。
 東日本、予告先発は晴れ。雲一つ無い星空が朝まで続くでしょう。
 西日本、予告先発は腫れ。何の事やらワケワカメ酒。
 全日本、予告先発は曇。ときどき雨を中継ぎとし、ところによって雷を伴った強い雨が降るでしょうが十八時から登板予定です。


(CM)
 晩秋駅から歩いて二分。ショーパブ「Tomorrow Never Knows(友郎は知らない)」。金曜日は金粉ショーで、火曜日は花粉症だ。



«  | ホーム |  »