とりぶみ
実験小説の書評&実践
プロフィール

  • 執筆陣紹介

    大塚晩霜
    原作/草稿担当。

    大塚晩霜
    推敲/編集担当。

    大塚晩霜
    昼寝担当。



過去記事



最新記事



最新コメント



RSSフィード



検索フォーム



リンク



BNSラジオ 12:00~13:00   (2009/04/01)
Ver.1.04【40枚】
お昼のニュース/昼間で生ラジオ/この人この食卓/海外映画情報(東西気体比較)/交通情報→クッキング/町角レポート

【クイックリンク】
お昼のニュース(お昼のニュース/週刊新春休刊①週刊新春休刊②
昼間で生ラジオ
この人この食卓①
この人この食卓②
海外映画情報(東西気体比較)
交通情報→クッキング
町角レポート



【時報】
プ・ピ・ピ・(時報の途中ですがここで屁が出ます)ブーッ

【アナウンサー】十二時になりました。BNSラジオ、ここからの二十分間はわたくし土居改め土肥がニュースをお伝えいたします。
 まず初めに。たった今、さきほど、いえ、今日未明に内閣府から打電された重大発表を申し上げます。どうか、どうかラジオのヴォリュームを上げて耳をかっぽじってお聴き下さい。どうぞお聞き逃しなく、繰り返します、どうぞお聞き逃しなく!
 ──日本国民にとって非常に重要な、非常に大事なニュースです。多くのリスナーのみなさまに聴いていただきたいので、番組の最後に報道することに決まりました。ラジオの前のみなさん、お近くの家族・知人を呼び集め、ラジオの前でお待ち下さい。まず、一般ニュースをお聴き下さい。
 今日午後二時頃、武装強盗団が京都の銀閣寺を銀玉鉄砲でハチの巣にする予定でしたが、都合によりツアー中止となりました。チケットの払い戻し方法については大会運営本部で検討中だそうです。
 武装強盗団の犯行声明によると、「バカが先に壊したので計画はオジャン。ファンのみんな、ゴメン!」との事。現場にリポーターの篠田が待機しています。篠田さん?
【リポーター】篠田ナニガシがお伝えします。
 現場は銀閣寺から東におよそ四百テラメートル、東山慈照寺で起きました。
 修学旅行生の一人が監視員の目を盗んで国宝の観音殿をナタで破壊、器物損壊罪と目玉窃盗罪で現行犯逮捕されました。
 警察の調べによりますと、「このナタは同級生を殺すために持ってきた。しかし、国宝を壊す方が人殺しより重罪だと思った。法律による罰は、殺人より軽いけどね」と犯行動機を供述しているようです。
 以上、現場から伊藤が…あ、篠原ナントカがお送りいたしました。
【アナウンサー】篠田さんありがとうございました…って、えぁ!?
 ゴホン!アーアーアー、次に…。
 今朝千葉県柏市のバス乗り場で、乗車指導員と学生の口論がありました。乗車指導員は学生の暴言で全治三日の心の傷だそうです。現場の芦原さん?
【リポーター】芦原モドキがお伝えします。
 被害に遭ったのは柏市在住のタギーさん六十七歳で、タギーさんが学生を無理矢理バスに押し込んでいた所、一人の学生がキレて怒鳴りつけた模様。
 容疑者の学生は「悪気はあった。つい出来心で計画的に怒った」と語っており、午後にも(授業から)釈放される予定。
 以上、バス内から容疑者の伊……芦田、じゃなくて芦原だった、が、お送りしました。神出鬼没!美奈恵、聴いてるかー。今、出演してるよー。今日は早く帰……
【アナウンサー】一部お聞き苦しい部分があった事をお詫びして訂正します。
 たった今入ってきたニュースです。ドラマ『愛の沐浴』などで一世を風靡した元女優・崎田オヒメ、本名我孫子味子三十二歳が、傷害の容疑で現行犯逮捕されました。
 目撃者の証言によりますと、崎田容疑者はハイレグ水着姿でオモチャのマシンガンを振り回し、「わたしを見て。わたしを見て」などと絶叫。その後、突然、手にしたマシンガンで通行人を無差別に殴打、お縄頂戴と相成ったわけです。
 警察の調べに対し、崎田容疑者は「注目されたくて乱痴気騒ぎしたのに、歳を考えろとかヤジられて、自分をコントロールできなくなった。今は申し訳なく思っている。だから、とっとと釈放しろ」と供述しているそうです。
 CMのあとも引き続きニュースをお伝え致します。


(CM)
 子精堂からのサブリミナル広告です。
 人の心はどの時代でもさほど変わりがありません。(買え)いつまで経っても進歩しません。等しくおろかで滑稽です。よくもまー飽きもせず戦争を繰り返していますし、(買え)いまだに民族対立・人種差別の根は深いですし、(買え)色恋沙汰をめぐって殺人事件が頻発しますし、(買え)電車で老人に席を譲りませんし、(買え)ケータイをマナーモードに設定しませんし、(買え)チカンは犯罪ですし、(買え)近くのスーパーでバーゲンがあればオバサンは醜いですし、(買え)若い女性はあいかわらずカワイイですし、(買え)ボクはオバサンよりもお嬢さんの方が好きだし、(買え)結局、(買え)進歩したのは科学だけで日本人男性のシンポは欧米男性並に大きくなっていないのです。
 世の男の子諸君。女の子にモテたければ、(買え)子精堂の科学力に頼るべきだ。



【アナウンサー】引き続きお昼のニュースです。
 昨日、史上最低の週刊誌と謳われた週刊新春が、ついに、休刊を宣言しました。一部の熱狂的フリークに支えられながら、細々と刊行を続けておりましたが、今回の休刊宣言に伴い、週刊新春が打ち立てた前人未踏の連続無安打記録は、三十一年で途切れる事となります。
 主宰のアンモニウム埴谷氏による休刊宣言のスピーチをお聴き下さい──
【スピーチ(録音)】宣誓ー。ぼくたーち(わたしたちはー)日ごろの練習の成果を発揮しー(正々堂々と戦い抜く事をー)地下いまーす(違いまーす)われわれはー(われわれはー)うちゅうじんだー(ちがいまーす)休刊が残念だという人はー(人はー)手をあげて(はーい)武器を捨てて投降しなさーい(ちがいまーす)
 三十一年っつったらスゴイですよアータ。桃栗三年、柿八年。チチクリマンボー、ガキ出来た。とも言いますし、いや言いませんし、三十一年前に生まれたベイビーも今では立派な二児のパパだったりするわけです。ひとくちに三十一年と言ってもそれはそれは色々な事がございました。楽しかった、おいもほり(おーいーもほーりー)がんばった、運動会(うんどうかいー)(かいー)(かいー)(←エコー)吉村くんがバスでゲロを吐いた、動物園への遠足(吉村くーんー)そんな思い出を胸に、ぼくたち(わたしたちはー)卒業します(そつぎょーしまーす)普通の女の子にー(普通の女の子にー?)戻りまーす(戻れませーん)
 そんなわけで休刊です。どうもお世話になりました。
「ついに来たかこの時が!」「飽きやがった!アイツ、飽きやがった!!」
 何とでも言うがいい。あくまで休刊である。第一部・完である。
「休刊宣言をして、実際に復刊した雑誌などほとんどないわぁ!」「休刊は即ち廃刊を意味する!」「『はだしのゲン』の第二部が始まった試しがあるかね?」
 うるさい、うるさい、うるさぁい!!というわけで、誠に勝手ながら週刊新春は一応のおしまいです。突然のお別れですから、「編集部の介入だ」「打ち切りだ」「江口寿史…!」などとホザく輩が居るやも知れませぬが、それで合ってます。
 発行部数の悲惨さからも十二分に窺えると思いますが、飛んでもhappen歩いて十分、体力の限界…!今まで応援してくれたみなさん、ありがとう。特に、ジェームズ、ボブ、サム、マイク、リンダ、ベリンダ、アイリーンダ、感謝するよ。この賞がもらえたのは、わたしひとりの力じゃない。わたしを支えてくれたみなさんのおかげ。そして………ダディ!マミィ!ああ…クリスティーナ豪俸回天スタビライザー四号も!(抱擁する親子三人、ペット一匹)
 紹介します。わたしの父と母です!(わーっ)マミィ、娘がこんな赤裸々日記つけてるなんて知らなかったと思うけど、つけてたのよ。ダディ、わたしがあっちの家に行ってもわたしのダディーはダディーだけだヨ。えぐっ、えぐっ(泣)
 そんなわけで休刊です。どうもお世話になりました。
【アナウンサー】──突然の休刊宣言に伴い、週刊新春編集部には「やめないで」「愛してる」「遺憾」「ざまみろ」「可及的速やかに斬首」などのファンレターが殺到、大勢の物好き読者たちが献花台に花を供えていました。なお主宰のアンモニウム埴谷氏は失踪。復刊・再開のメドは立っておりません。CMのあと、専門家を交えてこの事件を検証して行きます。


(CM)
 食事のあとの、おくちのケア。武士印の高楊枝、新発売。油っこい物を食べてもこれさえあればおくちスッキリ。猛毒を含んだつまようじが虫歯菌をノックアウトー。
 使用上の注意をよく読み、用法用量を正しく守ってお使い下さい。死にます。肌に湿疹などが現れた場合はすぐに使用を中止して下さい。そばにカス(=変質者)が現れた場合はすぐにチューして下さい。お子様の手の届かない場所に置かないで下さい。お子様がかわいそうです。



【土肥】週刊新春休刊の件につきまして、スタジオに専門家をお二人お招きしています。超能力否定学会札幌支部長で科学者の武田久彦さんと、生け花を昼飯として考えちゃおうの会代表・舛岡恒春さんです。武田さん、舛岡さん、よろしくお願いします。
【武田&舛岡】よろしくお願いします。
【土肥】さて、まず武田さんにお伺いします。今回の茶番はどのようなメカニズムから発生したのでしょうか。つまり、なぜ週刊新春は休刊したのでしょう。
【武田】はい。アンモニウム埴谷氏はだいぶ鬱だったみたいだけど、イイ事だと思います。鬱状態でもがき苦しんでから復活すると、人間として一皮むけます。まるで、瀕死のサイヤ人が仙豆で全回復すると格段に能力が向上するように。人生は丸いボウルのようなものです。私たちはその中に立っています。そのボウルには、「ストレス」という名の雨が降り注いで来ます。私たちは「逃避」という傘を差し、これを避けます。しかし、雨が無ければ潤いません。人=精神は活発に動かなくなります。ボウルが溢れるほどの集中豪雨では溺れてしまいますが、適度な降雨は生きるために必要です。疲れる事は良い事です。溺れない程度に水分を吸収しよう。
【土肥】はあ。それでは舛岡さんにお訊きします。週刊新春休刊についてどのようなご感慨をお持ちですか。
【舛岡】一皮ズルリとむけたら、次のステップとして、粘膜に刺激を与えて皮膚化させる事を検討していただきたい。お湯と冷水を交互に掛けたり、タオルで適度に摩擦して鍛え上げると良いようです。
【土肥】それはそうとして、武田さんは週刊新春休刊についてはどう思ったんでしょうか。
【武田】実に的確な新学説、ということで舛岡さんには名誉博士号を授与させていただきたく思います。ぜひ辞退して下さい。授与されると大変な事になります大変態。
【土肥】何が休刊の原因だと思いますか。何が埴谷氏を失踪にまで追いつめたと思いますか。舛岡さん、どうですか。
【舛岡】え。休刊したんですか。ああそうですか。まあ良かったんじゃないですか。そろそろ潮時だったでしょ。
【土肥】もうたくさんです。週刊新春が休刊したのはなぜですか。さあ、答えて。さあ、なぜ!
【武田】私も皮がむけてきました。日焼けあとやアレの話ではありません、バケの皮です。羊の皮をかぶった皮かむりを自認しています。舛岡さん、お互いどんどん脱皮していきましょう。お肌ツヤツヤ。
【土肥】どうして週刊新春が休刊したのか答えろ!
【舛岡】昼飯まだぁ?
【土肥】クソぉ…どいつもこいつもちゃんと答えない…。ちくしょうてめえら死にやがれ!
【武田】そんな事言うのは不謹慎だよ。リスナーから苦情が来るよ。
【土肥】あああああカーテン閉めてぇぇぇぇぇぇ!
(誰かの悲鳴)うわああぁぁぁ…
(ノイズ)ガッ、ザ------
【アナウンス】ニュースの途中ですが、番組を一部変更し、ここから十二時二十分までは優雅なカフェミュージックでお楽しみ下さい。
 ♪ダバダ~、ダバダ~、コラッソンレメロンシャバダバ~。


(CM)
 辛いという字は、幸せに通じる──。辛い料理が好きな人々に捧げる、カトリーヌメディチ社の「激辛スパイス五百倍」は一滴で致死量、とってもつらい。料金はしめて五万リラ(税別)です。別途「冗費税(三百二十パーセント)」が加わりますのであらかじめご了承下さい。



【俵田】こんちわに、下から読んだら、以下割愛。昼間で生ラジオ。司会の俵田宗一です。本日は「食物としての生命」について熱く議論を交わしていただきます。野蛮な持論を展開する、四人のパーソナリティをご紹介しましょう。
 第一のコース。動物愛護団体「クジラは俺の保育園時代のトレードマークだった連合」代表の櫛羅マークさん、日本国に帰化したアメリカ人です。
 第二のコース。船橋市一本釣り愛好会幹事長で、漁師の若草勝男さん。
 第三のコース。『菜食党宣言』の著者、包丁職人の邊下亮さん。
 第四のコース。社団法人「宗教団体」宴会部長、佐鳥ファウンドアウト悟さん。
 以上の四名をスタジオにお呼びし、一堂に会した状態で不毛な論戦を繰り広げていただきます。みなさんよろしく。
【四人】よろしく。
【俵田】それでは櫛羅さんの主張から行ってみましょうか。どうぞ。
【櫛羅】ドーモ。オホン。ク、クジラを食うナ。ホゲー反対!このまま乱獲を続けてタラ絶滅しちゃうヨ。それに、クジラってカワイイじゃない。あんなカワイイ動物コロシちゃダメだヨ。頭だっていいんだヨ。それを、あんな残酷な捕まえ方して食べちゃうなんて…クジラを食うナバカ!
【若草】なんだとコラ。クジラを食うなというなら、牛も食うんじゃねぇよ!牛だってかわいいぜ。目なんてパチクリしちゃって、草をモシャモシャ食べている。アメリカ人、てめえらまずハンバーガー会社を訴えろよ。
【櫛羅】牛はたくさんイルからイんだヨ。人間にサクシュされるために生きてるんダから。
【邊下】私も捕鯨反対に賛同する。
【櫛羅】オー、フレンズ。
【邊下】しかしまだ甘い。野菜を食え!顔のある食べ物は食べるな!動物にだって人間同様の感情がある。切られたら痛いと感じるし、家族が食べられたら無念と思うのだ。かわいそうだろ。
【若草】貝やナマコはいいのかよ。まやかしのベジタリストじゃないのか。
【邊下】屁理屈を言わないでくれ。クジラに限らず、全ての動物を食べるのは残虐行為だ。我々は感情の無い植物を食すべきなんだ。
【佐鳥】まぁ待て。植物にだって感情がある。植物も食うてはならん。
【若草】ついに言い出したよ。あるわけねぇだろ。
【佐鳥】君たちにはわかるまいが、わしには植物の悲鳴がハッキリと聞こえるよ。
【櫛羅】じゃあドーすりゃイーの。とにかくクジラさえ食わなければいいんダヨ。バカー。
【佐鳥】霞を食え。
【邊下】仙人じゃあるまいし、霞なんて食えるはずがない。
【佐鳥】食える。鍛錬次第で人は霞から必要栄養素を摂取できる。知らんのか、滋養分豊富な食材として各方面から注目を集めているのだぞ。流行に敏感なヤングは耳を傾けよ。みんなの大好きなアイドルも霞を食べているかも知れないぞ。キムタクやヨン様やキム様や、あゆやあやややすももももももみんな今ごろ啜っているかも!
【俵田】昼間で生ラジオ。「食物としての生命」に関する議論は打ち切りです。どうせそのうち「霞にも命が宿っている!」とか言うヤツが出て来るだろうから。B・N・S。


(CM)
 クジラの半分はやさしさで出来ています。残りは水とクソ。大した栄養価なんて元々無い。だから、食うのよそうよ。動物愛護団体「クジラは俺の保育園時代のトレードマークだった連合」からのPRでした。

(CM)
 大自然に囲まれた最高のロケーションで極上の霞をご賞味下さい。
 秘境駅前徒歩半日。軽食喫茶「仙人」です。



(ナレーション:この人この食卓。リサイクルショップ店長・山崎さんの体験談です)
 あの日は、雨が降っていた。
 お昼休み時、先に休憩に入った者どもが売場に戻ってきて教えてくれました。
「店長、誰かがウンコしたみたいで、事務所すっげー臭いっスよ」
 俺が店長を務めるリサイクルショップは急ごしらえのリフォームをしたためおかしな構造でして、事務所とトイレが同じ窓を共有しています。芳醇な香りが休憩場所である事務所へ洩れてくるのです。
「飯がまずかったですよ…」
 そんなトリビアを手に入れつつ、俺は休憩を取りました。事務所は情報通りの汚臭蔓延。
「すっげーな」
 俺は臭いにめげず尻を落ち着かせて食事を採ろうとしましたが、買ってきたはずの飲み物が無い事に気付きました。
 自転車のカゴに入れっ放しかと思い店の外へ出てみるものの、無い。しかたない。せっかく外へ出たのだから、とりあえずオシッコをして行くか──当店では駐車場側の裏口からトイレへ入るのです。事務所・店内からは入れません。変わってるやろ。不便やで。
 それが間違いの始まりでした。その時の俺は便所がクサイという事を完全に失念していました。何気なく入って、そこで地獄絵図をまのあたりにし、初めて思い出したのです。
「こーりゃ、くせぇわけだわ…」
 当店のトイレは下水道と直結しています。濡れるアスファルト・水位を上げる排水溝、こういう日は決まってトイレが詰まります。この日も例外ではありませんでした。溢れ返っていました。
 浮いております。紙と言わずモノと言わず茶色い毒水の中に混沌として浮いております。床にはこぼれ落ちたモノがグッタリと湿っております。
「やれやれだぜ…」
 俺はこれまで数多くのダーティーワークをこなしてきました。非合法の悪事、なんてカッコイイもんじゃありません。つまりは汚い仕事イコール汚物処理です。
 汚物処理はみんなが嫌がる仕事です。噛み終わったガム・蛾の死骸・ゲロ・ウンコ、そういうブツを拾うのは楽しい行為ではありません。楽しいとしたらそれはマニアです。危険物は人知れぬ所に落ちているので必然的に俺が第一発見者となります。他の店員は見て見ぬフリをしているのやも知れませんが、火事と喧嘩は江戸の花・ゲロとウンコは人造廃棄物、放って置けぬ性分なのです。仕方なく発見後は誰にも通報せずに現場検証→事件解決の流れです。「敢えて言わない方が男らしい」と勝手な理論を構築し、作業指揮書に書いてある「問題発見者=問題解決者」を実践しているのです。そんなわけで俺はトイレ用の吸盤を手に取りました。
 数分後、ようやくの事で粛正を済ませ事務所へ戻ると、バイトのみなさんが何か話しています。まあ、やっぱり異臭の話題です。
「臭いわよね。お客さん、すっごいのしてったんじゃないかしらねー」
「雨の日は詰まる事があるんです。もしかしたら詰まってるのかも…」
 ここで俺は口を挟みました。
「詰まってましたよ。あぶれてました。今、自分が掃除してきた所です」
 賛美の嵐。「エラーイ」「エラーイ」
「いやあ、すげー時間かかりました」
「うん。長かったから、店長がウンコしてるのかと思っちゃったわよ」
 ………!?
「ほら、詰まらせてテンパっちゃてるのかなぁ、って」
 敢えて言わない方が男らしいと思ってました。しかし、敢えて言った方が良い・むしろ言わないと誤解を招く・言わなければ犯罪者、そういうシチュエーションがある事を、今回の事例で学ばさせていただきました。
 そのあと食べたおにぎり、おいしかった。


(CM)
 奇才…いやむしろ苦才・下呂雲鴻先生の贈る、最新刊にして遺作!『実録・食べた物記録』!
 毎日三食の詳細な献立、予想カロリーからレシピまでを完全網羅。十三歳から死の一年前、流動食に切り替わるまでの七十年間にわたる食生活の日記!
 綿々と列ねてある献立から、あなたは何を読みとる…?当時の食生活?先生の財政難?奥さんの料理ベタ具合?「この日は赤飯だけど、何があったんだろう」って歴史と照らし合わせる?
 『実録・食べた物記録』!拷断社から絶賛絶版中!



(ナレーション:この人この食卓。続いては我がBNSラジオ編成局長の添田が語る体験談です)
 みなさんコニャニャチワ。オハヨウの人もコンバンワの人もとりあえずコニャチワワ。食事中の人も、そうでない人も、とりあえずオイッス!BNSラジオ編成局の添田ですオイッス!──なんだか妙にイカリヤめいてきましたが、そんなにタラコ唇な体験談ではありませんのでご安心を。
 私は、今でこそ頭脳労働職に就いていますが、その昔、ゴミ屋さんで働いていました。ゴミ屋さんはオゲフィンです。オゲフィン極まりない人種なのです。まったく品が無い。
「セレブ?何それ、喰えんの?セフレの間違いじゃねぇの?」
 これくらいの品位レベルと認識してもらえば間違いない。職業差別してるように思われるかも知れませんが、誉めてますので苦情はお寄せいただかなくて結構です。
 もちろん食事どきだって下劣極まりないのです。仕事の話になれば当然、きたない話が飛び出します。
「なんだかでっぷりとしたスーパーの袋が置いてあった。これは もしかして…。と思ったら予想通り、当たったね。ズッシリと来るこの感触。うんこー!」とか「布団一式を引き取ってくれって言われたんだけど、あれってゼッテー人が死んだ布団だよな。床ずれでグジュグジュの体液とか染みてんだろうなー」など、お花畑とはほど遠い、清涼感あふれない会話が繰り広げられます。
 さてさてある日のこと。数人が休憩所で食事を採っておりました。その中にはカレーを食べている人が居ました。そこで、ごく当たり前のようにバカがウンコの話を始めます。当然、カレーを食っていた人は怒ります。バカを本気で怒鳴りつけます。
「バカやろう!きったねぇなぁ!!人がウンコ食ってんのにカレーの話なんかするんじゃねえよ!」
 その場に居合わせた一同、「そうだそうだ!」の大合唱。──誰か気付けよ、そいつは排泄物食べちゃってるのかよ…。
 人間性の欠如があまりにもヒドイので、食事中に限り「きたない言動は慎もう」という動きが興りました。きたない仕事だからきたない言動とは切っても切れない彼らですが、せめて食物を摂取してる間だけでも清く振る舞おうとしたわけです。殊勝ですね。
 さて。そこで彼らは罰金表を作りました。「オナラをぶっこいたら百円罰金」とか「ウンコと言ったら五十円罰金」とか、そういう案を一覧にまとめたわけです。その表が作成されたのは彼らの文化的な豊饒の時間・食事休憩中でした。やっぱり食事中だったわけです。
「もうウンコはダメだからな」
「やめろって!今カレー食ってるんだから」
「ゴキブリも禁止ね」
「じゃあじゃあ、『ゴキブリのウンコ踏んだ』って言った場合は、いくら?足すの?」
「きたねぇなぁ!」
 そんな感じの、ステキなディナータイムです。
 そしてついに、表が完成しました!「ヘこき百円/ゲロ百円/ウンコ五十円/ゴキブリ関連五十円/チンコを出す三百円」などと書かれた『オゲレツ行為を取り締まる表』が完成したのであります。
 まあ、完成したわけですが、誰ひとりとして守りゃしねぇ。こうしてこのゴミ屋さんの食事休憩は、従来の“鼻を衝く臭いオナラ”や“耳障りな言葉”だけでなく、“目に不愉快なグロッティー単語表”まで加わりました。事態は悪化の一途だね!
 CMのあとはお茶くみOL西池くんによる海外映画情報です。すてきな午後を。


(CM)
 変態放送で腹を満たしてしまって、食あたりを起こしていませんか?おなかが痛いようでしたら、下痢にも便秘にも精露丸が効きますよ。ハッパのマークの精露丸です。



 人類の身体からは二種類の気体が放出される。そう、ご存じだろう。「オナラ」と「ゲップ」である。
 両者ともに嫌われ者である。その中でもどちらかと言うと、われわれ日本人はオナラの方を忌み嫌う。臭いが臭いからである。くさいがにおいからなのである。
 これに対し、西欧人はオナラよりもゲップを厭う。なぜだろう。ゲップなぞはコーラを飲めば出るのが必定、盛者必衰の理を顕はす香気ではないか。匂う事はない、匂ったとしても人を殺めるのに到るほどキツい物ではない。しかし、きゃつらはこの麗しき反芻を憎む。なぜだろう。
(おい西池くん、映画情報はどうしたっ)
 幼い頃の私には、これが不思議であった。しかし時が経ち、私は成長した。酒や煙草をかっくらっても法的に問題のない年齢に成った時、悟った──外国人がゲップを嫌う理由を。
(西池くん!)
 オナラはウンコの子供である。脱糞予告のサイレンである。「プ~ッ。便が出るぞー」という警笛である。これに対しゲップはゲロの子供である。口答による警告である。胃の中の吐瀉物が天に出でようとする切なげな懇願である。
 ウンコは動物の生理現象であり、日々行なわれる正当の所作である。だからこそ分娩室たる便所が世に存在する。一方のゲロは非日常的行為であり、その悪臭はウンコに勝る強力さである。これは所構わず出る。ウンコの部屋を間借りしたり、電柱にマーキングしたり、あるいは飲み屋の鍋の中へロケットダイヴを行なう。はぐれ者である。はぐれ刑事情熱派である。
 確かにオナラは臭い。だがそれだけで嫌う日本人は浅はかであった。食事の場で登場することが多いボブ・ゲップ。ヤツはドクター・ゲロの息子だったのである。神出鬼没の悪臭王の、その二世タレントだったわけだ。外国人はゲップの出身を知っていて嫌っていたのである。賢明、実に賢明だ。
 しかし日本人も優しいと思う。オナラやゲップを出身地で差別せず、害の有無で判断したのだから。
 CMのあとは交通情報です。


(CM)
 横浜洋食レストラン・グル目クラブ。今月のスペシャル料理はカブトガニの姿煮です。



 本日の交通情報はリポーター急仮病のためお休みさせていただきます。リポーターの辻田からダイイング・メッセージが届いておりますのでお聴き下さい。
「今日はお昼の交通情報をリポートすることができません、チョウチョを追いかけるのに忙しくて。ゴメンチャイナドレス(←反省の色なし)。スミ魔閃光(←さらに反省の色なし)。朝の交通情報も亀ちゃんに代役を頼んだし…ホントすまんこってす、許してチョンま○げ。でも、三時間後には復活しますから。また三時間後に。今はもうここらへんで失礼します!!(涙をぶちまけながら退出)」
 交通情報の代わりに取り急ぎ「編む腹四十五秒クッキング」をお送りします。本日はアールカレーの作り方。
 まずはアイヌを抜いたマムシを一口大に切り、軽くアサマのシントで調味します。セトアヤトのゲラは水で戻します。カルタやワルクなど、火が通りにくいものがあれば先に炒めておきます。それら具材をチマキの鍋に入れ、火にかけます。
 鍋が煮立ってチカのようになったらミンミンを投入し、タクマットのアールかヤワルアベバのデムを流し入れ、ミンミンの息がトロトロになるかもしくはアイヌが半熟状態になったら火を止めます。かき混ぜながらじっくり煮込み、コニチャを散らして出来上がり。とってもおいしそうですね。
 CMのあとは、アルバイト特派員佐藤さんによる町角レポート。今日はどこをほっつき歩いてるのかな。


(CM)
 ここからはうんちの提供でお送りします。
「漫画家のうんちです。愛読者のみなさまにお詫び広告です。去年は、漫画のアイデアは少なかったが、描けた。今年は、描く内容はあるが、描けない。スランプです。
 これを料理にたとえる事が出来ます。何か突発的に思い付いて、その発想を煮詰める──さばく、つまり調理する。私は料理人、作品の完成度を高める事を得意とする。去年、包丁は研げていたが、材料が払底していた。今年、食材は腐るほどある。実際腐ってたり、ネタ的に旬を過ぎた材料もある。大半は冷凍保存をしている。しかし、調理がめんどう。煮詰めるなんてもってのほか。
 ミスター美味しングパパ・うんちのまな板は、乾き切って雑菌が繁殖しています。
 そんなわけでもう、好き勝手描く事にします。読者無視で。もし読者を想定して描くとしても、うんちという名の読者を喜ばせるために書きます。はじめの独歩の精神で幕内王者を目指します。獲ったるぜチャンポンベルト。
 ──あのぉ。これ、ラジオ放送する際はうんちの部分が私の名前になるんですよね。ですよね。よろしくお願いします」
 ここまではうんちの提供でお送りしました。



 町角レポートのお時間です。今日はBNSスタジオの近くを散策しています。今のところ何も面白いモノは発見できておりません。
 私はネタ探しに奔走しました。近所の史跡を訪れたり、近所の神社を参拝したり、近所の喫茶店で一服したり、近所に居る犬を観察したり、近所のジジイの長話に付き合ったり、近所に居る犬に吠えられて思わず転んでしまったり、「近所に居る」と「金正日」は音が似てるなぁと思ったり、転んだ場所のすぐ近くに犬のンコがあって危なかったり、目覚めの一服、食後の禁煙、風呂入って禁煙挫折、クソして一服、ベッドで枕を濡らしたりしてましたが、ベートーベンの交響曲第九番並に長めなイントロでしたが、「第九の第一から三楽章はイントロじゃなくて、たまたま第四楽章のみ合唱曲なだけダヨ♪」という高度なツッコミは誰も出来ないと思いますので自らネタバレしておきますが、とにかく無駄に長いイントロでしたが、犬のウンコ、最近見かけない。そう、犬のウンコ最近見かけない。
 飼い主たちのマナー向上にともない、イヌのフンが路上に放置される事が無くなってきました。プレミア化してきました。一昔前までは酔っぱらいのゲロ、スープスパゲティ・もんじゃ焼きや、トイレまであと一歩!残念!間に合わなかった排泄物など、人間関係の落とし物の方が希少価値が高かったのですが、近年はお犬様のブツの方がヒトのソレよりもレア度が増しています。「町の美化」の観点からすると喜ばしい事なのでしょうが、私たち大人が子ども時代に楽しんできたスカトロプレイを今の小学生は楽しむ事が出来ないのだと思うと不憫でなりません。
 下校の最中ウンコを踏んでしまった子に対して「近寄るな!えんがちょ!」と叫びながら逃げ回ったり翌日から「犬のクソ」という栄誉あるあだなを授与したり、伝染病感染者のように隔離して口も聞かないようにしたり、まるでその子自身が糞のかたまりであるかのように忌み嫌ったり、そのような陰湿なイジメは中学校以降も続いたり、中学校でのあだなは短縮して「ゲリ」に昇格したり、そんなこんなで十年後同窓会で出会ったらメチャクチャ怖くなってて「よぉ!あん時のこと、覚えてるよなぁ…?」なんて言われちゃってこりゃーもしかしたらボコボコにされちゃう?最悪の結果拉致られて監禁、そのあと夜の港で手足を縛られたままの寒中水泳?そんな妄想で背筋がゾーッと寒くなっちゃってテンヤワンヤ「いえ、記憶にございません…」と政治家みたいな弁明をしたり、そういう楽しみが今の小学生には無くなるわけですね。
 私が小学生のころ、学校前の通学路に見事なまでのウンコゾーンがございました。種種雑多・色や形や大きさもそれぞれの個性を持ったウンコ群が道の端にコレデモカってくらい列を成していたのです。私はそれを見て「ウンコ大使館だ!」なんて喜んでいた物です。その他、毎日決まった場所にお行儀良く出されるンコを観察したり、その観察力を医師レベルまで高めて「お、今日は絶好調!」「あ、ちょっと水っぽいね。腹を下してるのかな?」なんてひとりごとで診察してみたり、アラレちゃんよろしく棒で突き刺して武器に仕立てあげてみたり、好きな女子に向けて手づかみで投げつけてみたり、小腹がすいた時に拾って食うなんて事も今の小学生は出来なくなったわけで、同情を禁じ得ません。これもゆとり教育の弊害でしょうか。
 と、何の成果も得られぬまま町角レポート終了の時間となりました。人っ子ひとり歩いてないし、犬のウンコすら見つけられず。つまらない土地です。
 ご近所のみなさーん。BNSラジオですよー。町角レポートの取材中ですよー。聴いてる人いますかー?(シーン)ヤッホー!(シーン)いるんでしょー?(シーン)いたら返事して~。(シーン)…おーい。(シーン)ボー!(美味しんぼ!?)
 申し訳ございません。何もレポート出来ませんでしたが、ホラ、思い出話を頑張ったからいいじゃない?(いいともー)え、許して下さるんですか?(いいともー)思い出話頑張ったってのは単なる言い訳ですけど?(いいわけー)ヒトラーの髪型は?(9・1分けー)お昼休みももうおしまいですね。(そうですねー)明日もまた、来てくれるかなっ?(シーン)いいともーって言ってくれよ、オイッ!


(CM)
 子精堂からのサブ(買え)リミナ(買え)ル広告です。
 一向に進歩しない男性に比べ(買え)女性の進化はめざましい。二十世紀はヒドかった。一般女性はもちろん、(買え)アイドルもモッサイ。やっさいもっさい。「え!(買え)これでアイドル!?」と驚きを禁じ得ない。なんですかあのパーマは…、あの清潔感あふれない髪型は…。(買え)
 そんな情況が、二十一世紀に入った途端に打破されています。普通の女性もモデル並に(買え)美しい。もうドキ(買え)ドキ。ボディー(買え)にしても同じ。Cカップで(買え)巨乳と言われた二十世紀に対し、二十一世紀はEとかFとか当たり前みたいになっちゃってる。なんという発育の良さ!(買え)──我々男子は、女性がきれいになったこの現象を「科学の進歩」と呼んでいる。
 だからこそ、今。(買え)子精堂の科学力で外づらの美を手に入れましょう。




«  | ホーム |  »