とりぶみ
実験小説の書評&実践
【著作権フリー】小学生のための読書感想文サンプル【コピペOK】   (2015/08/12)
 毎年この時期になると、当ブログの記事先生にほめられる良い読書感想文の書き方&例文は使用盗用コピペ自由ですが結構なアクセスを集めます。
 あれは完全に学生生徒さん向けのトラップであり、飛んで火にいる夏の虫、誠に恐悦至極な次第でありますが、内心は「今年もいっぱい釣れてるなあ」とほくそ笑んでおります。
 しかし、そんな私も今や3児の父。愛すべき息子たちがあの記事に引っかかったら胸が痛みます。ですから、彼らが将来悲しい思いをしないよう、ちゃんと真面目な読書感想文を用意しようと思い至りました。
 さあ子どもたち、向後12年間はこれで安心だ。思う存分夏を満喫するが良い。
 ──そして他の生徒さん学生さんも、ここから安心してコピペするといいですよ。浮いた時間でパズドラしたりツムツムしたりポケモンしたりデジモンしたりモンハンしたりモンストしたりハンストしたり鼻毛を抜いたりセックスしたりしてください。読書感想文なんかに構ってる暇があったら食う寝る遊ぶした方が人生有益です。
(なお、サンプルの文章は全て20×20の400字詰め原稿用紙を想定しています。)


小学1年──ジョルジュ・ペレック『好き、好きじゃない──連の続きに……』
小学2年──ジョルジュ・ペレック『初心者用料理カード81枚』
小学3年──ジョルジュ・ペレック『1974年中にぼくが暴飲・暴食した液状・固形飲食物の目録作成の試み』
小学4年──ジョルジュ・ペレック『理想的な都市を想像することの困難さ』
小学5年──ジョルジュ・ペレック『マレ=イザックの思い出』
小学6年──ジョルジュ・ペレック『それでも死ぬまでになしておくべきであろういくつかのことども』




──小学1年──
 お父さんにすすめられてジョルジュ・ペレ
ックさんの『好き、好きじゃない──連の続
きに……』をよみました。
 これはジョルジュ・ペレックさんというフラ
ンスのさっかがすきなもの、すきじゃないも
のについてかいたものです。
 「好き」では
「公園、庭園、罫線入り用紙、万年筆、
フレッシュ・チーズ、シャルダン、ジャズ、
汽車、定刻に先んじていること」
などをズラズラならべていきます。
 「好きじゃない」では
「野菜、腕時計、ベイルマン、カラヤン、ナ
イロン、「キッチュ」、スラヴィック、サング
ラス、スポーツ、スキー・ゲレンデ、車、」
などをズラズラならべていきます。
 それだけです。それだけで3ページ分。
 ジョルジュ・ペレックさんはへんな人だな
とおもいました。そして、こんな文しょうで
しょうばいになるのなら、
「しょうせつかなんてチョロいしごとだな」
と、おもいました。
 それから、この本をしゅっぱんしたしゅっ
ぱんしゃはとてもえらいとおもいました。
「よくこんなぶんしょうをうりものにしようと
したな。すごいな。採算度外視だな」
とおもいました。
 そして、よの中にはまだまだよんだことの
ない、いろいろなぶんしょうがあるのだなあ。
どくしょが好きになりました。どくしょかんそう
ぶんはきらいです。どくしょかんそうぶんはし
ねばいいとおもっています。ほんとうに、そう。



──小学2年──
 お父さんにすすめられてジョルジュ・ペレ
ック『初心者用料理カード81枚』を読みまし
た。
 これはジョルジュ・ペレックさんというフラ
ンスの作家が初心者用料理カードについ
てかいたものです。
「新鮮な舌平目を2匹」「仔牛の胸腺」「2匹
の仔兎肉」のいずれかを、「背開きにして骨
抜き」「レモン入りの冷水で血抜き」「強いマ
スタードをたっぷりとつけ」のどれかの下ご
しらえをし、「オーブンに入れ、たびたび取り
出してソースをかけながら中火で40分ほど
焼」いたり「生ベーコンと薄切りのにんじん、
新鮮なトマト、たまねぎと一緒に鍋に入れて
熱し」たり「フライパンにいれ、強火にかけて
から、火を弱め、とろ火でゆっくり煮込」んだ
りし、「中途で250グラムのマッシュルームを
くわえて煮込」んだり、「火からおろして濃い
クリーム100ccを加えて煮込」んだり、「煮汁
にノワイー酒を加え」たりし、ちょうみりょうを
くわえてかんせい。そのくみ合わせ3×3×
3×3だけで80種類のりょうりをしょうかいし
ます。81種類じゃないのはクリナメンという
手ほうだってお父さんが言ってました。
 ジョルジュ・ペレックさんはヘンな人だなと
おもいました。そして、こんな文しょうでしょう
ばいになるのなら、
「小せつ家なんてチョロいしょうばいだな」
と、おもいました。
 それから、この本を出ぱんした出ぱんしゃ
はとてもえらいと思いました。
「よくこんな文しょうをうり物にしようとしたな。
すごいな。採算度外視だな」
と思いました。
 そして、よの中にはまだまだ読んだことの
ない、いろいろな文しょうがあるのだなと感じ、
どく書が好きになりました。どく書かんそう文
はきらいです。どく書かんそう文はしねばいい
と思っています。本当に、そう思います。



──小学3年──
 お父さんにすすめられてジョルジュ・ペレ
ック『1974年中にぼくが暴飲・暴食した液
状・固形飲食物の目録作成の試み』を
読みました。
 これはジョルジュ・ペレックさんというフラ
ンスの作家が1974年の1年間に飲食し
た飲食物を網羅したものです。
「牛のブイヨン9人前、キュウリの冷静ポ
タージュ1人前、ムール貝スープ1人前。」
からはじまり、「アーティチョーク4人前、
アスパラガス1人前、ナス1人前、キノコの
サラダ1人前、キュウリのサラダ14人前、
キュウリのクリーム煮4人前、根セロリの細
切りマヨネーズソースあえ14人前、白菜2
人前、ヤシの芽1人前、生野菜サラダ11人
前、サヤインゲン・サラダ2人前、メロン13
人前、ニース風サラダ2人前、タンポポのラ
ード炒め2人前、バター添え二十日大根14
人前、大根3人前、ライス・サラダ5人前、ロ
シア風サラダ1人前、トマト・サラダ7人前、
玉葱のタルト1人前」を経て「アルマニャック
56杯、バーボン1杯、カルヴァドス8杯、サク
ランボの焼酎1杯、(略)ヴォトカ36杯、ウイ
スキー4杯」と続く、まるで食べたものばかり
見せびらかす人のフェイスブックをながめて
いるかのような、これは読書とよべるのかど
うなのか、ふしぎな気もちになる作品です。
 ジョルジュ・ペレックさんはへんな人だな
と思いました。そして、こんな文章でしょう
売になるのなら、
「小説家なんてチョロいしょう売だな」
と、思いました。
 それから、この本を出ぱんした出ぱん社
はとてもえらいと思いました。
「よくこんな文章を売り物にしようとしたな。
すごいな。採算度外視だな」
と思いました。
 そして、世の中にはまだまだ読んだことの
ない、いろいろな文章があるのだなと感じ、
読書が好きになりました。読書感そう文はき
らいです。読書感そう文はしねばいいと思っ
ています。それも、なるべくくるしいしに方で。



──小学4年──
 お父さんにすすめられてジョルジュ・ペレ
ック『理想的な都市を想像することの困難さ』
を読みました。
 これはジョルジュ・ペレックさんというフラ
ンスの作家が理想的な都市を想像することの
困難さについて書いたものです。
「私はアメリカで暮らしたくない。しかしときには、
そうしたい。」
「私は野外で暮らしたくない。しかしときには、そ
うしたい。」
「私は五区で暮らしたい。しかしときには、いや
だ。」
「私は城の塔で暮らしたくない。しかしときには、
そうしたい。」
「私は借金して暮らしたくない。しかしときには、
そうしたい。」
「私はフランスで暮らしたい。しかしときには、い
やだ。」
という文章が26文、つらねられただけの作品で
す。
 これなら私にだって書けそうです。
「私は日本でくらしたい。しかしときには、いやだ。」
「私は東京の山の手でくらしたい。しかしときには、
いやだ。」
「私は金閣寺でくらしたくない。しかしときには、そ
うしたい。」
 ジョルジュ・ペレックさんは変な人だなと
思いました。そして、こんな文章で商売になる
のなら、
「小説家なんてチョロい商売だな」
と、思いました。
 それから、この本を出版した出版社はとても
えらいと思いました。
「よくこんな文章を売り物にしようとしたな。
すごいな。採算度外視だな」
と思いました。
 そして、世の中にはまだまだ読んだことの
ない、いろいろな文章があるのだなと感じ、
読書が好きになりました。読書感想文は嫌い
です。読書感想文は死ねばいいと思っていま
す。それも、なるべく苦しい死に方で。



──小学5年──
 お父さんにすすめられてジョルジュ・ペレ
ック『マレ=イザックの思い出』を読みました。
 これはジョルジュ・ペレックさんというフラ
ンスの作家が歴史の教科書「マレ=イザック」
について書いたものです。
 ペレックさんはこう書いています。
「私は古い歴史の教科書の記憶をそのまま
持っていると思っていた。それが何もないこ
とがわかった。」
「ほとんど偶然に、何冊かの古い教科書を
見つけ出し、ぱらぱらめくってみると、確立し
た歴史法則の教育の不変の枠が段落やゴ
シック体やイタリック体で書かれている念入
りにつくりあげられたページのなかから、高
校時代にくり返し学んだ我々の歴史の幾世
紀かが出てきた。」
 こう、前おきをしてから、見出しや段落、イ
タリック体などを分るいします。たとえば「ゴ
シック体で書かれているところ」は、
「西欧近代国家 フランス フィリップ2世(尊
厳王) ルイ9世(聖王)」「フィリップ4世(美王)
シャルル7世 ルイ11世」というように。そこに
はただキーワードがあるだけで、何も物語性の
ない、きょく度に無味かんそう化された歴史が
うきぼりにされています。
 ジョルジュ・ペレックさんは変な人だなと
思いました。そして、こんな文章で商売になる
のなら、
「小説家なんてチョロい商売だな」
と、思いました。
 それから、この本を出ぱんした出ぱん社は
とてもえらいと思いました。
「よくこんな文章を売り物にしようとしたな。
すごいな。採算度外視だな」
と思いました。
 そして、世の中にはまだまだ読んだことの
ない、いろいろな文章があるのだなと感じ、
読書が好きになりました。読書感想文は嫌い
です。読書感想文は死ねばいいと思っていま
す。それも、なるべく長く苦しむ、地ごくのせめ
苦にもにたむごたらしい死に方で。



──小学6年──
 お父さんにすすめられてジョルジュ・ペレ
ック『それでも死ぬまでになしておくべきで
あろういくつかのことども』を読みました。
 これはジョルジュ・ペレックさんというフラ
ンスの作家が死ぬまでにしたい50のこと
について書いたものです。
「1 遊覧船に乗って物見遊山すること」
「2 どうしてとっておいているのか分からず
にとっておいているいくつかの事物を捨てる
決心をすること」
「3 書架を徹底的に整理すること」
「4 さまざまの家電品を取得すること」
「5 喫煙を止めること(そうせざるをえなくな
る前に……)」
 ペレックさんはこのテクストを書いて半年た
たずに、はいガンでなくなりました。ああ。
 友人からのリクエストは「死ぬまでにしたい
50のこと」でしたが、ペレックさんは37でとう
とつに終わらせています。私は「飽きたんだ」
と思いましたが、お父さんによるとクリナメンと
いう手法だそうです。また、ペレックさんの研
究家によると、ペレックさんの誕生日が3月7
日だからだそうです。
 ジョルジュ・ペレックさんは変な人だなと
思いました。そして、こんな文章で商売になる
のなら、
「小説家なんてチョロい商売だな」
と、思いました。
 それから、この本を出版した出版社はとても
えらいと思いました。
「よくこんな文章を売り物にしようとしたな。
すごいな。採算度外視だな」
と思いました。
 そして、世の中にはまだまだ読んだことの
ない、いろいろな文章があるのだなと感じ、
読書が好きになりました。読書感想文は嫌い
です。読書感想文は死ねばいいと思っていま
す。それも、なるべく苦しい死に方で。本当に、
死んでほしい。冗談ではなく、読書感想文は死
ぬべきだと思う。死ぬべきだ。
死ね。
死ね。死ね。
死ね!死ね!死ね!
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね



この記事に対するコメント


お気軽にコメントをお書き下さい











«  | ホーム |  »