とりぶみ
実験小説の書評&実践
【小説】吾輩はガラケーである   (2015/05/24)
 さっぱり書評をせず、すみません。新作小説も書いていません。
 なんつうかこう、小説と関わっていない方が運気の流れが良くてですね……。
 率直に言えば断筆したことによって気分が明るくなり、早寝早起きをするようになり、虚弱だった体が健康になり、お肌もツヤツヤ髪もフサフサ、二重アゴは治って二重まぶたになり、ウエストは-30cm、友達もたくさん増えてレクリエーション三昧、Fカップのパツキン美女に告白されて交際スタート、英語の成績もアップ!身長も5cm伸びた!会社の会議ではなぜか新規プロジェクトのリーダーに抜擢され、飲み屋で部長から激励されたその帰り道に拾った分厚い財布、中をあらためたらなんと70万円入っていた!しかしネコババはせず交番に届けたところその財布の持ち主は得意先の社長!おかげでプロジェクトはトントン拍子で大成功、同期の中の出世頭となり、なんとなく記念に買った宝くじが500万円の大当たり、それを元手にテキトーに買った株が急騰!こりゃたまりませんわ豪遊ですわと出かけた場末のキャバクラで彼女の他にセフレもゲット、ウハウハの毎日、それもこれも小説を書かなくなったおかげ!これは全て真実です!あなたも小説を書かなくなってみませんか?お申し込みはこちらから。今なら無料パンフレット進呈中!
 そういうわけで、すみません。新作はご用意できませんでした。
(映像:留置所の隅で膝をかかえ、ぶつぶつ言ってる大塚晩霜)




2014年7月14日(月) 20:29

吾輩はガラケーである。名前は飯田。蟹文字で書けばiidaである。 吾輩は此處で初めて人間といふものを見た。しかも夫れは勞働者階級といふ、人間の中で最も獰惡なる種族だつたさうだ。 彼は火の點いた妙な棒から毒瓦斯を吐呑し、時折鼻から煙をぷうぷう噴く。



2014年7月14日(月) 20:37

誠に遺憾乍ら彼が吾輩の主人である。彼の両の親指に依つて吾輩の文字釦は押下され、斯うしてツイツタアに便所の落書き相應の呟きを披瀝してゐる。


2014年7月14日(月) 20:37

主人は元來拾伍年程以前に萬年筆で此樣な文章を物してをつた。軈て個人的電算機の鍵盤を出力装置とするやうになつた。そして現在、吾輩を触媒に文章を吐き出してゐる。


2014年7月14日(月) 20:40

彼は頭腦が弱い。加之、舊字舊假名は吾輩の能力では予想變換も出來ず、呟き一つに多大なる艱難辛苦を嘗めてゐる。 「相應」一つ取つてみても、先ず「相応」と打つてから「応」を削り、「慶應」と打つて「慶」を除く。随分手間の掛かる入力方法であり、端から見れば醉狂としか思へない。


2014年7月14日(月) 20:45

その上ツイツタアには字數制限があり、文章が過分となればコピペをして次の呟きに囘すしか他ない。實に面倒である。此の形式にて暫く呟きを續けやうと思つたが、一呟きに何分何十分も掛けるのは餘りにも人生の無駄遣ひなので主人は早くも挫折しつゝあり、ひとりごちる。 「企畫失敗。もうやめたい」


2014年7月14日(月) 22:43

吾輩と主人の出會ひは西暦貮阡拾年玖月參日に遡る。何故斯くも正確な日付を覺えてゐるかといふと、當時主人が付き合ふてゐた女と別れた日だからである。 此れが最後のデエトに成ると悟りつゝ其の間主人は携帶の機種變更を行なつた。


2014年7月14日(月) 22:51

機種變更の手續きの間、女は「ソフトバンクの賣場を見てゐます」と言ひ殘して主人から離れた。 機種變には壹時間の猶豫が必要との事だつた(此のガラケー、「要」の舊字軆も出ねえのか、クソツタレー) 主人はソフトバンクの賣場に向かつた。併し其處に女の姿はなかつた。


2014年7月14日(月) 22:56

後になつて判つた事だが、女が斷りなく去つた譯ではない。ソフトバンク賣場を見終えた彼女は男(所謂吾輩の主人)と合流しやうとし、入れ違ひとなつたのであつた。 主人の携帯電話、詰まり吾輩の先代は機種變更手續き所に軟禁されており、彼らは互いに連絡を取る能はぬ状態となつた。


2014年7月14日(月) 23:00

壹時間後吾輩は主人と初めて邂逅した。魂を抜かれて脱け殻となつた先代と共に。 主人は早速女に電話をし再會を果たした。 「おまへ何處に行つてたんだい。ソフトバンクのとこにゐなかつたぞ」


2014年7月14日(月) 23:04

「すぐ見終えたから大塚くんのとこに戻つたの。そしたらゐなくなつてるし…。わたし連絡したんだよぉ」 「馬鹿っ。携帯はデエタ移行の爲に取り上げられたろ」


2014年7月14日(月) 23:06

主人は其の時初めて先代携帯電話を開いた。最早如何なる電話もメエルも受け取る筈の無い其奴を。其の畫面には「メール着信:1件」とあつた。 件名無題の其のメエル本文には、唯、「どこに行っちゃったの?」と丈あつた。 先代携帯電話の受け取つた、最後のメエル。


2014年7月14日(月) 23:11

終焉を迎えつゝあつた男女の關係を、此れ以上無く的確に浮き彫りにしてみせた、過剩な迄に象徴的なメエルであつた。 其の夜兩人は壹發おつぱじめた安宿にて離別を可決した。 そして吾輩が初めて發した言葉こそ「今までありがとう」であつた。


2014年7月14日(月) 23:17

斯くなるドラマチツクな初舞臺を踏んだ吾輩であつたが、昨今のスマホ勢の臺頭に依り實に肩身が狭い。 例へば、飲み會や合コンなどで連絡先を交換しやうぜといふ段になる。皆々樣はスマホすらいどたっちラインID教え合ひに至るが、


2014年7月14日(月) 23:23

主人が取り出だしたる吾輩を見るや否や女子連ドン引き「え(笑)まさかのガラケー?(笑)(笑)」完全におつさん扱ひであるし實際おつさんである。 吾輩は尋常ならざる居心地の惡さを味はふ。然れども主人は濟ました顏で、


2014年7月14日(月) 23:26

「スマホはデカくてズボンのポケツトに入らねえし。曲げられる液晶が實用化されて二つ折りに成つたら買ひ換へる。それまではガラケーの方がいい」と吾輩を擁護する。 主人の癖に生意氣である。よくもまあ其樣なおべんちやらを吾輩に言へたものだ。併し少し嬉しかつたのは事實である。


2014年7月14日(月) 23:32

以上の經緯で以て吾輩は今でも主人に仕へてゐるし、かうしてツイツタア界に參入してをる。何卒宜敷御願申上奉候。 但し、主人は好い加減新しい個人的電算機を購うに可きだと思ふ。内網(internet)にも繋がず現代人ぶるのは限界があるだらう。ちやきちやきの生蕃と思われても仕方がない。


2014年7月14日(月) 23:44

「確かにパソコンは植物状態だけど、無くても不便ぢやないので買ひ換へる心算は無いよ」とほざく不精な主人に吾輩は忠言する。 「お言葉ですがブログの更新が壹ヶ月以上途絶えてますよ。待つて呉れてゐる読者が寂しがりますよ」 「いや別に。乃公は困らないし」 うわぁ、言つちやつた…。


2014年7月14日(月) 23:49

主人は「毎日が四月馬鹿」と評して過言ではない迷亭ばりの嘘吐きであるが、一方の吾輩は文字通り四角四面の正直者である。以上申し上げた挿話は全て、吾輩の誕生秘話から主人の個人的電算機死亡に至る迄遍く眞實である事を此處に保證する。


2014年7月15日(火) 23:15

主人は馬鹿である。ホロワア諸兄は大塚晩霜の眞の姿を知らない。同樣主人の周囲に跋扈する貉の悉皆は主人がツイツタアをしてゐることを知らない。 主人は呟く際に賢しらの翼を広げ、知の大空に飛翔するホロワア諸兄の如き鳥類を気取る。然して其の實軆は八方美人の蝙蝠と一般である。


2014年7月15日(火) 23:21

先の呟きを見た主人が震へ乍ら「おまへさ。餘り調子に乘つてるとスマホに機種變するよ」と最後通告をかまして來たので以降はソシウルの如く沈黙せ不るを得ず。 吾輩の主人は偉いです。立派です。よ・大統領。大塚晩霜は犯しのホオムラン王です。


2014年7月28日(月) 17:05

吾輩はガラケーである。 先般主人がノオザン、パシヒツク鐵道に就いて調べやうと偶禺留(グーグル)先生に御伺いを立てた所、吾輩はヰキペヂアwikipediaさへ碌に讀めぬと云ふ失態を犯した。メモリ不足で。


2014年7月28日(月) 17:10

主人の怒つたの何の。その怒氣の發する熱や凄まじく、部屋の温度が華氏十二三度上昇した程だ。 主人の吾輩に對する不滿は今日になつても收まらなかつた。怒りの募る餘り、つい先刻發作的に個人的電算(パソコン)を衝動買いした。


2014年7月28日(月) 17:13

しかも配送して貰へば良いのに自力でのお持ち歸りである。豪儀な事だ。 「畜生、これで思ふ存分ヰキペヂアが出來るぜ。ガラケー死ね!」 主人の部屋にネツト囘線は、ない。主人は内網(インターネット)の仕組みを善く理解してない。


2014年7月29日(火) 17:28

吾輩はガラハドの如く「ぎゃーなにをするー」と斷末魔の悲鳴を擧げた。


2014年7月29日(火) 17:35

醉い覺めの水のうまさに唸りつゝ古風な喋りのガラケエを殺る #jtanka


2014年7月29日(火) 23:31

大塚晩霜さん、ネット界に本格復帰。インターネット環境の再構築は実に約5年ぶり。 「ガラケーの能力のヘボさにムシャクシャしてやった。ツイートの残り文字数が数値で分かるって便利だね。とりあえず昔なじみのサイトを巡回してきます」 そう言い残し、晩霜さんは動ナビ方面へと足早に立ち去った。



この記事に対するコメント


お気軽にコメントをお書き下さい











«  | ホーム |  »