とりぶみ
実験小説の書評&実践
【小説】生   (2015/01/30)
生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生生(筆者注:これは無限に近い可能性を秘めた文学作品である)

 「生」という漢字には無数の読み方がある。
 通常でも二十弱、地名を含めれば二百以上の読みが存在するとも言われる。以下、筆者が蒐集した五十一種類を五十音順に列挙する。(地名は二字下げにする)

 生憎あいにく…あい
  紙生里かみあがり…あが
 生きる…い
 生血いきち…いき
  生田いくた…いく
 生垣いけがき…いけ
 生む…う
 生毛うぶげ…うぶ
 生れる…うま
  生神うるかみ…うる
 生い茂る…お
 生立おいたち…おい
  おおり…おお
  生谷おぶかい…おぶ
  生振おやふる…おや
  生実町おゆみちょう…おゆ
 生糸きいと…き
 生粋きっすい…きっ
  皆生かいけ…け
  福生ふっさ…さ
 作麼生そもさん…さん
 生涯…しょう
 誕生…じょう
 生業すぎわい…すぎ
 すずし…すずし
 早生わせ…せ
 生命…せい
 平生へいぜい…ぜい
 生る…な
  日生町ひなせちょう…なせ
  生田目なばため…なば
 生…なま
 生業なりわい…なり
  玉生たまにゅう…にゅう
  生見ぬくみ…ぬく
 生血のり…の
  城生じょうのう…のう
 生え抜き…は
 芽生え…ば
  黒生町くろはいちょう…はい
  苗生松なんばいまつ…ばい
 生際はえぎわ…はえ
  桜生さくらばさま…ばさま
 芝生しばふ…ふ
  壬生みぶ…ぶ
  覚生川おぼっぷがわ…ぷ
  生板まないた…まな
 苔す…む
  大ケ生おおがゆ…ゆ
 弥生やよい…よい
  風生沢かざよどざわ…よど

 これだけ多彩な読みがあるということは、「生」この一文字をズラズラ並べるだけでも一つの作品になってしまうのではないか。しかもそれは読み手が想像で読み方を補う、インタラクティヴなテキストになるのではあるまいか。だとしたらこれは大発明である。
 そこで冒頭の「生」百四十四字に立ち返る。これに改行と句読点を読者が任意で加えれば、それこそ無限に近いヴァリエーションの文学作品の生成が可能なのではあるまいか。たとえば筆者なら以下のように構成して暴行事件沙汰を演出する。

「生生生生生生生生生生生生生生生生
生生生生生生
生生生生生生
生生
生生生生生。生
生生生生生
生生生生生
生生生生生生生生生、生生生生生生生生生生生生生生生。生生生生生
生生
生。生生生生
生生生。生生生生生生。生生生生
生生生
生生生

生生生生生。生生生。生。生生
生生生
生生生生生生生生生生生
生生生生生
生生。生。生生生生生生生生生」

 読みは以下の通り。

「お嬢さん生ハムのうまい涼しい喫茶行きうましょう
お布施ないの。失せな
生意気言うな
うるせい
行けばよいのさ。おい
はなせブサイケ
はなさない
鼻息の勢い良いおいさん、化粧おばさま言いなりのお馬さん成りいけば。嘶きな
ばきっ
う。いきなり鼻
泣けば。いい気なお嬢さん。せいぜいあがけ
ううう
伏せな
はい
お稲荷愛撫せい。むむむ。よい。良いのう
むさい
おやおやバナナ飲むのうまいな
愛情ないさ
よいよい。さ。正常位騎乗位勝負せい」



この記事に対するコメント

■ パクリ!
 今年の7月30日に、翻訳家の柳瀬尚紀が亡くなった。
 追悼の意味もこめて、絶版となっているエッセイを古書で買い漁った。
 そのうちの一冊『英語遊び』の中で、この小説『生』と全く同じネタが使われていることを発見。
 盗用の謗りを受けても仕方がないくらいアイデアがかぶっていた。
 深くお詫び申し上げると共に、謹んでご冥福をお祈りします。『ユリシーズ』買います。
【2016/11/26 18:34】 URL | 大塚晩霜 #-



お気軽にコメントをお書き下さい











«  | ホーム |  »