とりぶみ
実験小説の書評&実践
ブログの説明   (2007/07/12)
 当ブログ『週刊とりぶみ』は、週1本のペースで小説を掲載する、創作系ブログです。


 当ブログは、以下の項目に該当する方におすすめです。

【こんな人におすすめ!】
・ひま


 また、当ブログは、以下の項目に該当する方におすすめできません。

【こんな人に不すすめ!】
・ひまではない
・ひまではあるが、電気ガス水道が止められている
・暮らしに役立つ豆知識を教えてほしい
・明日の天気が知りたい
・スポーツの試合結果が知りたい
・好きなバンドのライヴ日程が知りたい
・株価の変動が知りたい
・息子と共通の話題で盛り上がりたい
・新鮮な芸能情報を求めている
・新鮮な魚介類を求めている
・新鮮な魚類である
・検索エンジン経由で訪問してみたけど期待はずれだ
・検索エンジンだと思っていた
・出会い系サイトと間違えてアクセスした
・アクセルとブレーキを間違えてあくせく
・開腹手術の真っ最中である
・このブログのおかげで英語の成績アップ!
・このブログのおかげで背が伸びたらいいなあ
・彼女が出来た! それもこれもこのブログのおかげ!!
・なんで私が!? このブログのおかげで宝クジに当選!
・訳あって某所に潜伏中である
・試験中である
・面接中である
・彼女を銭湯の外に待たせている
・前戯の途中である
・文字を読むのが嫌い
・その前にまず日本語が読めない
・ミジンコ程度の知能である
・人間ではない
・ていうか人でなしである
・ケダモノである
・もしくは植物である
・新鮮な魚類である
・調理済みである
・人間のふりをしているマネキンである
・詰替用練り歯磨き粉である
・この世に未練を残して成仏できない幽霊である
・昔つきあっていたオンナである
・大塚晩霜を今でも恨んでいる
・出来れば呪い殺してやろうと思っている
・大塚晩霜から慰謝料をふんだくろうと計画している
・バーで知り合った自称開業医のAと不倫の仲である
・あやふやな関係に決着をつけ、正式に入籍したいと思っている
・開業医というのは実はウソで典型的結婚詐欺に引っかかった
・くやしいからやっぱり大塚晩霜から慰謝料をふんだくる
・鼻毛が舌先まで届くほど長い
・ご臨終である
・目ヤニで曇って前が見えない
・瓶詰め地獄
・読む気がしない
・作者の名前が読めなくて腹立たしいから読まない
・急いで飛び込んだトイレに紙がなくてそれどころではない
・ていうか作者が嫌い
・出来れば死んでほしいと思っている
・それも、出来るだけ苦しい死に方で
・飲み会で初めて幹事を任された
・明日遠足(原子力発電所見学)
・蚊に刺された所がカユイ

 以上の項目に1つでも当てはまる方は、Yahoo!をおすすめします。大抵の悩みは解決してくれます。



【営業時間】
 毎週木曜日更新です。
 つまり、七日の間、同じ作品が最上段に掲載される事になります。
 読み終わってしまった場合は、次の木曜になるまで指をくわえて待っていただくか、Yahoo!に移動して下さい。大抵の悩みは解決してくれます。



【沿革】
2005.9 散文ブログ『ちりぶみ』がスタート
   (同人6名による当番制のブログ)

2007.6 『ちりぶみ』の解散が決定
   (音楽性の違いとかではなく、単にみんなが飽きた)

2007.7 大塚晩霜、ソロ活動を開始



【特徴】
『ちりぶみ』の方では当番が回ってくるのに二ヶ月も猶予があったため、奇趣に富んだ実験小説・凝りに凝った前衛小説を発表していました。が、こちらの『とりぶみ』は週刊連載なのであまり手の込んだ言語遊戯に耽る余裕も無く、まともな小説が多くなると思います。なるといいな。



【由来】
ひとりちりぶみ→とりぶみ



【拍手】
気に入った作品には拍手していただけると嬉しいです。
気に入らないのに拍手するのは己に対する偽りです。
自分のキモチを大切に!!




この記事に対するコメント

■ 
 以前に作品に感想なんかを書かせてもらっていたヨーノです。ども、お久しぶりです、きっと忘れ去られているはずだと思いますが(汗)

 散文ブログ「ちりぶみ」が解散という話は、毎度作品を楽しみにしていた自分にとってショックでしたが、大塚晩霜さんとしてこうしてソロ活動ながら執筆を続けて貰えることが、とても嬉しいです。
 毎週覗かせていただきたいと思います。
 どうぞこれからも頑張ってくださいな。大塚ファンとして応援しております!
【2007/09/01 01:42】 URL | ヨーノ #-


■ 
 忘れるはずがございません。覚えております。よぉく覚えております。
 拙作『どスケベ奥さんぬちょぬちょ乱舞』にお寄せいただいた、ヨーノさんの熱すぎる感想、忘れたくても忘れられません!
 ……。
 ……?
 あれ…? 違った??(忘れとるやんけー)

 コホン…。(赤面)
 拙作『16小説交響詩』と『テレパシー』に対する、当を得た批評、もちろん覚えております。あれは嬉しかった。嬉しかったし、実に批評眼の確かな方だな、と、感服しておりました。
 そんなヨーノさんが、『ちりぶみ』だけでなくこちらにも足を運んで下さっていたとは…。ものすごくやる気が出ます! 「まともなコメントが一切届かない。誰も読んでねぇんじゃないか?」と疑心暗鬼に陥っていた最中でしたので嬉しさもひとしお。本当にありがとうございます。
 ──ただ、私、まともな創作活動から長いこと離れておりましたゆえ、往事の切れ味には程遠いほど筆の力が鈍っております(*1)。駄作でお目汚しすること頻りかと思いますが、そこはリハビリ中ということで大目に見ていただき、調子が上向くまでどうか温かく見守っていただければ、と糞います(*2)。今後ともご指導ご鞭撻のほどなにとぞよろしくお願い申し上げます。

(*1) 股間の筆もナマクラになっております
(*2) 「冀(こいねが)います」の誤り
【2007/09/02 00:05】 URL | 大塚晩霜 #-



お気軽にコメントをお書き下さい











«  | ホーム |  »