とりぶみ
実験小説の書評&実践
◯◯にオススメしたい3冊 part2   (2017/07/10)
 6月初旬。都内某所。
 著名な音楽プロデューサーであり、インターネッツの世界では「大塚晩霜」の変名で活躍されている大塚晩霜さんが、インタビューに応じてくれた。

大塚 「今はイロイロやってますよ。EXILEとかAKB48とか、人間椅子や面影ラッキーホールや、アレやコレや。一方で、書評もしてるんスよ、実験小説の。今月は4日間で立て続けに3本も書きました。それもケッコー長めのね。中畑清的に言えばゼッコーチョー!ってヤツですよ(ややうつむき、サングラスの隙から上目遣いでこちらを凝視する)」

──スランプなどはないのですか。

大塚 「スランプ? ああ、鳥山明のアレですか、アラレちゃんが出てくる」

──それは『Dr.スランプ』ですね。そうではなく……

大塚 「ああ、あっちのスランプのほうですか。サンプラザ中野の」

──それは「爆風スランプ」ですね。そうではなく、なんというのでしょう、モチベーションを保てなくなるというか……

大塚 「きゅ、急に変なこと言うのやめてくださいっ!」

──?

大塚 「あの、その……。エッチな言葉はいけないと思います!」

──もしかして、「モチベーション」を何か別の言葉と間違えてらっしゃる……?

大塚 「さっきからなんなんだ、あなたは!」

──燃え尽き症候群っていえば伝わりますかね。突然やる気がなくなったりはしないのですか。

大塚 「燃え尽き症候群だぁ? 上等じゃねえか、これがそれだ!」

 大塚晩霜さんはそれ以降、6月中に何かを更新することはなかった。
[続きを読む]


«  | ホーム |  »