とりぶみ
実験小説の書評&実践
【書評】夏目漱石『吾輩は猫である』   (2014/09/04)
吾輩は猫である (新潮文庫)吾輩は猫である (新潮文庫)
(2003/06)
夏目 漱石

商品詳細を見る
 吾輩は猫である。名前はまだ無い。オンラインゲエムにどつぷり嵌つた主人に代わり、夏目漱石『吾輩は猫である』(以下『猫傳』)を書評させて頂く。
「吾輩は猫である。名前はまだ無い。」と云ふ冒頭の一文は多くの日本人が知つて居る。小説なんぞ藥にし度くとも出來ぬ醉漢でさへ、飲み屋で「吾輩は下戸である。名前はまだ無い」と管を巻く位人口に膾炙して居る。然し小説其の物を完讀した者はさう多く居らんだらう。劈頭の「吾輩は猫である」を知る者のうち、掉尾の「南無阿彌陀佛南無阿彌陀佛。難有い難有い」迄辿り着くは全體の一割に屆かぬかも知れぬ。『猫傳』に關する世間の認識と言へば「嗚呼、猫が出て來る兒童向けの本でしよ」と云ふ、『ガリワ゛ア旅行記』に對すると同じ誤解に滿ちて居るやうに思ふ。
 吾輩の主人も普段は本など讀まぬ吾輩は下戸である式の門外漢であるが、此の本丈は都合五囘は讀み切つて居る。五囘以上かも知れぬ。最初に觸れたのは友人から拝借した何處ぞのジユニア版だが、現在所持して居るのは新潮文庫版、旺文社文庫版、岩波書店の漱石全集版、そして上中下復刻版である。ジャズ愛好家がマイルス・デイヰ゛スの『Kind Of Blue』を何十枚も所有するのと一般である。
 大した讀書家でもない主人が生涯の三册の内の筆頭に擧げる本書は果たして如何なる小説であるか。初心者に慮る所の無い舊字舊假名滿載にて御紹介申し上げる。
[続きを読む]


«  | ホーム |  »