とりぶみ
実験小説の書評&実践
プロフィール

  • 執筆陣紹介

    大塚晩霜
    原作/草稿担当。

    大塚晩霜
    推敲/編集担当。

    大塚晩霜
    昼寝担当。



過去記事



最新記事



最新コメント



RSSフィード



検索フォーム



リンク



【小説】熱目漱雪『夢十夜』の変奏   (2014/05/27)
 ジョルジュ・ペレックという作家の作品に『煙滅』というリポグラム小説がある。リポグラムとは文字落としという言葉遊びの一種。件の『煙滅』はフランス語における最頻出アルファベット「E」の文字を一度も使わずに書かれている。当然翻訳は不可能だと長らく思われていたが、なんと日本語訳が刊行された。しかも「イ段」を一切使わずに翻訳するという驚異の離れ業であった。
 研究によれば、日本語において最も使用頻度の高い仮名は「イ」である。そして、最も使用頻度の高い段は「ア段」だそうだ。それは果たしてホントーデアルカ? 実感していただくため、夏目漱石『夢十夜』の第一夜の、ア段の音を「Z」に、イ段の音を「X」に置き換えてみます。では、ご覧あれ。


ZXXXZ
 こんZ夢をXZ。
 腕組XをXてZくZ元XすZってXると、Zお向XX寝ZおんZZ、XずZZ声でもうXXZすとXう。おんZZZZXZXをZくZXXXて、XんZくのZZZZZうXZねZおをそのZZX横ZえてXる。ZっXろZ頬の底XZZZZXXのXろZ程よくZXて、くXXるのXろZ無論ZZX。到テXXXそうXZXえZX。XZXおんZZXずZZ声で、もうXXZすとZっXXXっZ。X分もZXZXこれZXぬZと思っZ。そこで、そうZね、もうXぬのZね、と上ZZ覗X込む様XXてXXてXZ。XXZすとも、とXXZZZ、おんZZZっXXと眼をZけZ。大XZ潤XのZる眼で、ZZXZつげX包ZれZZZZ、ZZXX面XZ黒でZっZ。そのZ黒ZXとXの奥X、X分のすZZZZZZZX浮ZんでXる。
 X分Z透X徹る程ふZくXえるこの黒眼のつZをZZめて、これでもXぬのZと思っZ。それで、ねんごろXZくZのそZへくXを付けて、XぬんZZZろうね、ZX丈夫Zろうね、とZZXXZえXZ。するとおんZZ黒X眼を眠そうXXZっZZZ、ZっZXXずZZ声で、でも、Xぬんですもの、XZZZZXZとXっZ。
 Z、ZZXのZおZXえるZXとXっXんXXくと、XえるZXって、そZ、そこX、写ってるZZXZせんZと、XこXとZZってXせZ。X分ZZZって、ZおをZくZZZZZXZ。腕組XをXZZZ、どうXてもXぬのZZと思っZ。
 XZZくXて、おんZZZZこうXっZ。
「XんZZ,埋めてくZZX。大XZXん珠ZXでZZを掘って。そうXて天ZZ落Xて来るほXのZけをZZXるXX置XてくZZX。そうXてZZのそZXZってXてくZZX。ZZZXXXZすZZ」
 X分Z、XつZXX来るZねとXXZ。
「XZ出るでしょう。それZZXZXずむでしょう。それZZZZ出るでしょう、そうXてZZXずむでしょう。──ZZXXZXZXZZXXへ、XZXZZXXへと落XてXくうXX、──ZZZ、ZってXZれZすZ」
 X分ZZZってうZずXZ。おんZZXずZZ調XをXXZんZXZげて、
「Zく年ZってXてくZZX」と思XXっZ声でXっZ。
「Zく年、ZZくXのZZのそZXすZってZってXてくZZX。XっとZXXXZすZZ」
 X分ZZZZってXると答えZ。すると、黒XXとXのZZXZZZZXXえZX分のすZZZ、ぼうっと崩れてXZ。XずZZXずZ動Xて写るZげをXZXZ様X、ZZれZXZと思っZZ、おんZの眼ZZXXと閉XZ。ZZXZつげのZXZZZZXZZ頬へZれZ。──もうXんでXZ。
 X分ZそれZZXZへ下Xて、Xん珠ZXでZZを掘っZ。Xん珠ZXZ大XZZめZZZふXの鋭XZXでZっZ。つXをすくうZXX、ZXのうZXつXのXZXZZXてXZXZXZ。XめっZつXのXおXもXZ。ZZZXZZくXて掘れZ。おんZをそのZZXXれZ。そうXてZZZZXつXを、上ZZそっとZけZ。ZけるZXXXん珠ZXのうZXつXのXZXZZXZ。
 それZZほXのZけの落XZのをXろってXて、ZろくつXの上へ乗せZ。ほXのZけZZるZっZ。ZZXZXZ大ぞZを落XてXるZXZX、ZどZ取れてZめZZXZっZんZろうと思っZ。ZXZげてつXの上へ置くうXX、X分の胸と手Z少XZZZZくZっZ。
 X分Z苔の上XすZっZ。これZZZく年のZXZこうXてZってXるんZZとZんZえZZZ、腕組XをXて、ZるX墓せXをZZめてXZ。そのうXX、おんZのXっZ通XXZXZXZZ出Z。大XZZZXXでZっZ。それZZZおんZのXっZ通X、ZZてXXへ落XZ。ZZXZんZでのっと落XてXっZ。XとつとX分Zん定XZ。
 XZZくするとZZZZくれZXの天道ZのそXと上ってXZ。そうXてZZってXずんでXZっZ。ふZつとZZZん定XZ。
 X分ZこうXう風XXとつふZつとZん定XてXくうXX、ZZXXをXくつXZZZZZZX。Zん定Xても、Zん定Xても、XつくせZX程ZZXXZZZZの上を通X越XてXっZ。それでもZく年ZZZ来ZX。XZXXZ、苔のZえZZるXXXをZZめて、X分ZおんZXZZZれZのでZZZろうZと思XZXZ。
 するとXXのXZZZZすXX分の方へ向XてZおXくXZ伸XてXZ。XるZXZZくZって丁度X分の胸のZZXZでXて留ZっZ。と思うと、すZXと揺ZぐくXのXZZXX、心持XくXをZZぶけてXZ細ZZXXXXんのつぼXZ、ふっくZとZZXZをXZXZ。ZっXろZゆXZZZのZXで骨XこZえる程XおっZ。そこへZるZの上ZZ、ぽZXと露Z落XZので、ZZZX分の重XでふZふZと動XZ。X分ZくXをZえへZXて冷ZX露のXZZる、XろXZZXZX接吻XZ。X分ZゆXZZZおをZZす拍XX思Zず、遠XそZをXZZ、ZZつXのほXZZっZXとつZZZXてXZ。
「Zく年ZもうXてXZんZZ」とこのとXZXめてXZつXZ。


 ──ご覧の通り、とても読めたものではない。
 しかし、日本語の語彙はまことに豊饒で、ア段イ段ごとき無くなった所でフランス語に負けるような貧弱な言語ではない。第二夜を、ウ段エ段オ段のみで変奏してみせます。ただし、使える母音をU・E・Oとし、『煙滅』日本語版では禁じられていたイ段の字は認める(拗音を含むシュ・ショなどは可、ということ)。
[続きを読む]

【書評】ハリー・マシューズ『シガレット』   (2014/05/27)
シガレット (エクス・リブリス)シガレット (エクス・リブリス)
(2013/06/13)
ハリー マシューズ

商品詳細を見る

 実質的な書評第3弾はハリー・マシューズ『シガレット』(木原善彦訳)です。
 ハリー・マシューズはアメリカの作家で、フランスの言語実験集団ウリポの一員です。当初はイタリアのイタロ・カルヴィーノと同じく外国からの客員メンバーという位置づけだったようです(※ラブレーの翻訳者・渡辺一夫もメンバーだったそうですが、その辺の事情は私は知りません)。ペレックの親友であり、ジャック・ルーボーと共にペレックの絶筆『53日』を整理し、遺作として刊行しています。この『53日』はメタ・ミステリーで、青山学院大学の國分俊宏先生が既に翻訳して書肆に納品済みですが、いまだに書籍化されていません。売れそうにないから出版を渋っているのか?買いますよ。なんなら私一人で100冊買ってもいいんですよ?宝くじが当たればね。
 『シガレット』は日本語に翻訳された唯一のマシューズ作品です。帯の梗概によれば「実験的文学者集団『ウリポ』の鬼才による、精緻なパズルのごとき構成と仕掛け!」「ニューヨーク近郊に暮らす上流階級13人の複雑な関係が、時代を往来しながら明かされる。絵画、詐欺、変死をめぐる謎……その背後でいったい何が起きていたのか?」だそうです。(帯の惹句「超絶技巧を駆使した読みやすい実験小説」は嘘で、これに就いては後述します。)
[続きを読む]

【書評】ルイジ・セラフィーニ『コデックス・セラフィニアヌス』   (2014/05/23)
 今回は書評とはちょっとちがいます。紹介です。なにせ私はこの本を読破していませんので…。
 取り上げますのは奇書中の奇書『コデックス・セラフィニアヌス』です。架空言語によって書かれた、異次元世界の百科事典です。この本がどれだけ常軌を逸した化け物本なのか、それをみなさまと共有したくこうして更新する次第であります。
 作品の解説についてはすでに優れたサイトが存在しますのでリンクをはってお茶を濁します。

コデックス・セラフィニアヌス - Wikipedia

絶対に誰も読めない本「コデックス・セラフィニアヌス」って ... - Naverまとめ

Amazon.co.jp: コデックス・セラフィニアヌスでは「なか身!検索」ができます。

奇妙な異世界を描いた百科事典、コデックス・セラフィニアヌス
[続きを読む]

【書評】?『?』   (2014/05/23)
 書評第3弾はハリー・マシューズ『シガレット』を取り上げ、第4弾でレーモン・クノーの何かを取り上げようと思ってましたが、「コイツ、ウリポしか読んでないんじゃね?」と思われたら心外なので、ちょっと変化球を投げておきます。
 今回取り上げる本、著者名と書名は伏せておきます。一体誰の本なのか推測してみて下さい。ヒント?ウンベルト・エーコも「変則書評三篇」でこのタイプの本を取り上げていた……と書けば、察しの良い人は「あーあれのことか」とお気づきになるでしょう。
[続きを読む]

【書評】『ジャック・ルーボーの極私的東京案内』   (2014/05/23)
ジャック・ルーボーの極私的東京案内ジャック・ルーボーの極私的東京案内
(2011/07)
ジャック ルーボー

商品詳細を見る

 書評第2弾を書こうと思います。どの本を取り上げるか色々悩みました。『人生 使用法』は私の好きな小説ベスト3のうちの1つでしたし、言及すべき要素が大量にあったので必然的に長い文章が書けましたが、さて。
 決めました。ウリポつながりで、『ジャック・ルーボーの極私的東京案内』(田中淳一訳)を俎上に載せます。
[続きを読む]

【書評】ジョルジュ・ペレック『人生 使用法』   (2014/05/18)
人生使用法 (フィクションの楽しみ)人生使用法 (フィクションの楽しみ)
(2010/10)
ジョルジュ ペレック

商品詳細を見る

 久しく文章を書いていないのですが、リハビリとして書評をしてみます。(書き上げてから勘定してみたら原稿用紙45枚に及んでいることが判明。興味のない方は里芋を剥いたりボトルシップを作ったりした方がマシです)
 取り上げますのは、フランスの作家ジョルジュ・ペレックが著した『人生 使用法』。パリの集合住宅を10×10の格子状に分割し、1部屋1章として全100章、室内を徹底描写する大長編小説です。書籍自体も巨大で、日本版では二段組で600ページ弱、加えて索引が100ページ強、辞典並のサイズの本です。
 批評家の中には、『ユリシーズ』『失われた時を求めて』『城』などと並ぶ二十世紀小説の傑作と賞賛する人もいるそうですが、私も同感です。「トマス・ピンチョンは一冊の小説の中に世界の全てを包括しようとしている」と評されますが、『人生 使用法』はまさしくそれで、「直方体の本の中に地球上のあらゆる事象が詰まっている」と言っても過言ではありません。いや、過言でした。しかしこの本を1冊持っていれば万巻に値します。いや、言い過ぎました。
 無人島に持っていく一冊として、井上ひさしは『広辞苑』を挙げていましたが、私は迷わず──いや、『吾輩は猫である』と迷いますが、『人生 使用法』を持っていきます。──すみません、意見がブレブレで。なにせリハビリなんでね、『人生 使用法』に関するまともな解説が読みたければ『人生 使用法』巻末の23ページに及ぶ訳者解説を読んで下さい。「税抜き価格5000円の本なんて高くて買えないよ」って方は、無料読み放題であるところの当解説で我慢しろ。我慢してよ。我慢して下さいお願いします愛してる。(ツンデレです)
[続きを読む]


«  | ホーム |  »