とりぶみ
実験小説の書評&実践
プロフィール

  • 執筆陣紹介

    大塚晩霜
    原作/草稿担当。

    大塚晩霜
    推敲/編集担当。

    大塚晩霜
    昼寝担当。



過去記事



最新記事



最新コメント



RSSフィード



検索フォーム



リンク



鍵坊日記part1&2including晩霜日記   (2008/03/06)
×月×日(鍵坊日記part1-1)
 吾輩は鍵盤である。名前は未だ無い。
 無いと云つても夫れは戸籍上の姓名が存在せぬ丈で、通稱は在る。主人曰く、「キー坊」ださうだ。どうせキイボヲドから駄洒落たのであらう。全く以て迷惑な話である、腹の立つ名付けである、吾輩は此樣な名前認めぬ。故に名前は未だ無い、とし度い。
 愚劣なる主人の事を一寸紹介して置かう。其の昔、彼は大學の物書きサアクルに居た。『吾輩は万年筆である』と云ふ駄作を披露し、駄作なるに關わらず人氣を獲得した。氣に喰はぬ。
 其の作風を網(ネット)世界にも持ち込んで、其處でも人氣を博そうと云ふ魂胆であらう。謂はば吾輩は、萬年筆氏を流用した存在であり、夫れを考えてもムカムカする。益々主人を憎み度く成る。
 此の日記は其樣な主人に對する愚痴である。舊字舊假名だらけ・振り假名抜きで讀み難いかも知れぬが、そこは御容赦願ひ度い。「讀めぬ」若しくは「詰まらぬ」など、餘りに不評ならば普通の文章で行く心算ではある。又、主人が飽きても同樣に一般的文言に直す豫定だ。
 讀者諸子は騙される莫かれ、主人の思惑に。讃辭なぞ贈つては成らぬ。此頁を閲覽せし人は何萬人ゐるか知らぬし、若しかして執筆者丈やも知れぬが、申し渡して置く。主人は最低の動物である。吾輩は聲を大にして言ひ度い。「頻繁に主人の暴擧を告発致すから、讀者諸子も日々注目して呉れ」と。宜敷御願ひ申し上げる。
[続きを読む]


«  | ホーム |  »